ワインと音楽(2)

チョコレートのカカオ、ワインの品種、そして音楽、土壌との関係の深いものには、特有の文化がありますね 「ワインと音楽」第二弾。<作曲家とワイン編> 二人の作曲家を取り上げます シューベルト 即興曲や、イ長調のソナタD664 …Read More >>

やっと看板が出来上がりました!

看板が完成しました 外装にとけ込む、焦げ茶に塗ったアイアンに、 教室カラーのオレンジとイエローのガラスをはめ込んだデザインです ペルルは、ピアニストの「ペルルミュテール」から来ていますが、 語源は「真珠」なので、ピアノの …Read More >>

上達のスパイラル

「弾けない」「もうやだ」「この曲きらい」は、ますます練習がいやになってしまうスパイラルですが、「楽しい、気持ち良い」「もっと知りたい」「出来たたくさん弾いちゃった」で、上達へのスパイラルを作りましょう とはいえ、そう上手 …Read More >>

「耳は正直」

ピアノを購入したときに、お店の社長さんが仰っていたことです。 「ピアノの音が良い響きなら、お子さんはいつまでも練習する、良くなければ、音がいやで結局練習に向かわなくなる。」子どもさんの耳は正直だ、と。 だからこそ、続くか …Read More >>

音楽性の芽をはぐくむ、母の歌声

お家で口ずさむ、お母さんの歌声から、歌心が受け継がれます。 子どもさん達は、大好きなお母さんの声に一番愛着があります お母さんが、おうちでお歌を口ずさんでいると、心から湧き出てきたものであればある程、『きょう、ママはなに …Read More >>