新春音楽会2011奏 Photoalbum 

発表会は、ソロが中心でしたが、ここでは見どころのアンサンブルや、終わってホッと・・♪の写真を中心に!順不同です。

初めての発表会、頑張ったね♪

クラリネットも披露!お父さまご登場!
懐かしかったよ!これからリコーダーと連弾♪
スパイに変身★銃口はどこを向いているかな?!
ボサノバのリズムでマラカスも振ってみたよ!
タキシード姿♪
魔法使いに変身☆
しとやかに♪    ピンクのサングラス!

仮面舞踏会♪ 姉妹でミッキー♪お耳もついてるの!    ジャンベもポコポコ♪ 夢ドラを弾きたかったのね☆


スーツでビシッ★大きい子は、少しだけ出します。
「今日のメドレー」は、ソロ曲のですよん。『連弾のがなかった』って?!愛の劇場

箱の中には、何が入っていたかな?♪

— 9:18 PM  Comments (3)

発表会は、おかげ様で大成功で終了しました!

昨日、「新春音楽会2011奏」が、大盛会で終了致しました。(写真、端がきれてしまっています。後日また。)

生徒さん達は、皆、本当に素晴らしく力を発揮して、大成功と自信を持って言う事の出来る発表会となりました。

舞台袖で、改めてひとり一人の本番の演奏を聴きながら、この数ヶ月の、それぞれの練習を思い起こしては、胸に熱いものが込み上げて参りました。演目は62あり、ソロの他、息の合ったご家族との連弾や、管・弦楽器の演目もありました。
指導者として満足の出る演奏を、みなさんしてくれたと思います。

発表会に至るまでには、多くの方々のご協力を得て参りました。お手伝い頂いた方々、お力を貸して頂いた方々、励まして下さった方々に、心より厚く御礼申し上げます。

即興からめーる団の赤羽美希さんと正木恵子さんには、遠い所お越しいただき、なんと、これまで最多との42曲(もっとあったかも)の、生徒ソロ曲のドレーを、「愛のもつれ、そして再生(笑)」をテーマに、ご披露頂きました。
その模様は、いずれユーチューブにてご覧頂ける事になりそうです。

まだ写真が出来ていませんので、からめーる団を、ほんの僅かですがup致します。

東北の子ども達は、とっても真面目にeye.gif食い入る様な表情で聴いていてhappy01.gif、笑う所で声を立てて笑ったりはしなかったのですがcoldsweats01.gif、今か今かと、自分の曲を探すので必死だった感もあり、きっと改めて映像で何度も観て、「そうか!」と理解を深めるのではないかとおもいます。多分、鍵盤ハーモニカの達人が多くなる気配がしますね!

「一人でも抜かしたら大変。しかも暗譜で続けての演奏には、大変な集中力を要する♪」のだと、メドレーにおける困難さを、発表会後に語って頂きました。

ご父兄の方から、その後のメールなどで、「からめーる団の音楽性の高さや、いくつもの見せ場、多彩な楽器の音の出し方、聴く人を飽きさせない演奏」に、大変感激との声を頂いております。

打楽器奏者の正木さんは、生徒全員合唱と合わせた「オブラディ・オブラダ」のために、すごーく重い、ジャンベ(打楽器)を持って来て下さいました!

心地よいリズムに乗って、大いに盛り上げて頂いたフィナーレnote.gif踊り出したくなりました♪♪♪

お二人のお帰りの荷物の大変なことといったらありません!

楽しいステージと貴重な音楽体験を本当に有難うございました。

先ずは、第一弾♪
ごほうびポチをお願いします〜(^^)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

[メディア掲載]福島民報・福島民友(各社2013年4月、2011.1月と12月)・ムジカノーヴァ2010年6月号・「成功するピアノ教室への7つのブランド戦略」

福島民友新聞 2013年4月22日朝刊

(拡大します)

福島民報新聞 2013年4月23日 朝刊

(拡大します)
_______________________________
ピアノを学ぶ人、教える人の雑誌「ムジカノーヴァ」6月号特集「人気教室への道 子育て・介護・激戦区・不便…なのにどうして?人気教室」で、当教室が、ご紹介頂きました。

雑誌名 MUSICA NOVA (ムジカ ノーヴァ)
出版社 音楽之友社
発売日 2010年、5月20日
価格  880円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2011年1月10日に、市の公会堂で行われた発表会「新春音楽会2011 奏〜Kanade〜」が、新聞に掲載されました。
[福島民報] 1月12日朝刊記事[写真:全体合唱風景]

[福島民友] 1月12日朝刊記事。
[写真:スペシャルゲスト「即興からめーる団」による「今日のメドレー」]

県民に愛されるメジャーな新聞社に、この様に、わかりやすく美しい記事と写真で、大きく取り上げて頂きました事に感激しました。
_______________________________

「成功するピアノ教室への」7つのブランド戦略
藤拓弘著    音楽の友社  2011年4月20日発売

第7章で、2011年1月に行われた当教室の発表会の内容(プレスリリース)を、ご掲載頂きました。ピアノ教室コンサルタント藤先生の2作目のご著書です!

震災2ヶ月前の発表会、あの時開催していて良かったと、振り返ると感無量の想いがします。

時間の芸術である「音楽」の催しが、こうして、ずっと時を越えて残ることを、大変嬉しく思います。

書籍に掲載されるのは、初めてで夢の様です。有難うございました。

______________________
2011.12.25のクリスマスパーティーが、福島民報(写真上 12/30朝刊)と、福島民友(写真下 12/26日朝刊)に掲載されました!



ご掲載頂いたことは、生徒さん達の励みになりますね!

取材はpencil.gif特別ゲストの「リトルウインの演奏時間に合わせて受けましたhappy01.gif

うちの生徒さん達のために、東京からわざわざいらして下さりbullettrain.gifrvcar.gif、素晴らしいライヴを聴かせて下さった、森 華燿子先生、河野俊二様、佐藤binny孝紀様に心から感謝申し上げますnotes.gifshine.gif

おかげさまで、生徒さん達、生まれてはじめてのセッション体験が出来たと思いますhappy01.gif
ありがとうございました!

— 3:12 AM  Comments (0)