山形での藤拓弘先生の出版記念イベントへ!!

藤拓弘先生の「夢をかなえたピアノ講師 ゼロからの180日」出版記念イベントが、全国10ヶ所で開催されています。5ヶ所目の山形に、10月9日参加してまいりました

10年近く前、藤先生のサイトを知り、ピアノ教室のHPを作り、今の私があります。恩人の藤先生。

前日8日に福島市でコンクールがあったので、その足で山形へ

開催地区を募集されていた折、手を挙げようかと思い真剣にシュミレーションするも、同時期にコンクールのお手伝いが入るかもしれなかったことや、集客に自信が持てず断念。東北では唯一の開催が山形でした。

8日の銀座でのイベントも大盛況だったご様子でしたが、山形も、主催された渡部一恵先生のもと、温かく素敵な先生方の集まりに、すっかり楽しい気分で帰宅しました。

藤先生と春畑先生のトーク

ゲストに、人気作曲家の春畑セロリ先生がいらっしゃり、藤先生との軽妙なトークや、ワクワクするような楽譜のご紹介も聴きどころ満載でした!

藤先生の新刊は、Web連載されていた頃、楽しみに読ませて頂いておりましたが、書籍になると、ずっしりと重みを増し、今回の心に染み入るご講演と相まって、ピアノ指導者としてのメンタル的な「在り方」を、爽やかなものにしていただけそうで嬉しいです。

小説仕立ての自己啓発書✨

監修シリーズや、手帳のご出版を除いては、おそらく、8冊目のご著書のはずです。

物語のなかに、沢山の教訓と感動があります!

セミナー中、夢をかなえるワークがありました。

お隣の方は学生さんらしい夢をお持ちでした。私はと言えば、若い方に恥ずかしい位でしたが、ピアノの先生達で同じような夢の方がいらして、ホッとし、ピアノの先生の夢は身近なあるべき純粋なものなんだよな、と切なくなりました。でも「夢」という限り未だ叶えられていない憧れの状態。マインドをいつも整えたいと思いました。

懇親会でも楽しい趣向が

懇親会で、セロリ先生を囲んで、同じテーブルの先生方と♪

10年かけて、ピアノ講師の社会的な存在の中での意識を高めてくださった藤先生。

全国のピアノ講師同士の横の繋がりを活性化させてくださったご功績は多大です。

お会いできて本当によかったです。素敵な演奏、心に残る素晴らしい会をありがとうございました。

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

バイトラーク・シャイヤング賞(輝く指導者賞)受賞しました!

形あるものも、時には嬉しいものです

バイトラーク・シャイヤング賞(輝く指導者賞)受賞しました!

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

脳科学からみたピアノ「ピアノdeクボタメソッド」認定取りました。

まだまだ、勉強しないとわからない領域です。

脳科学からみたピアノ「ピアノdeクボタメソッド」認定取りました。

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ピアノを弾く先生、弾かない先生

教室コラムを更新しました♪

ピアノを弾く先生、弾かない先生

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

スケールグレードを通常レッスン時に実施しています

教室コラムを更新しました♪

スケールグレードを通常レッスン時に実施しています


ご登録はこちらから!3秒で登録完了です
友だち追加

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

大人の生徒さん達は、曲の好みがはっきりしています♪

何かと頼りになる大人の生徒さん達‼︎
好む曲の方向性がはっきりしているのが、大人の方の特徴です。私も含めて・・・。

大人の生徒さんは、曲の好みがはっきりしています♪

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

8月に行ったセミナーの手応え

8月に、「真夏の音楽とワインの愉しみ方」という題でお話させて頂きました!

ワインと音楽を掛け合わせたセミナーをしました!

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ハンド イン ハンドin郡山ドゥオールセミナーと二本柳奈津子先生来郡♪

連休最終日、ピアニストのドゥオール藤井隆史先生と白水芳枝先生のデュオ勉強会が、郡山で行われました‼︎

ちょうど磐梯山にいらしていた大阪の二本柳奈津子先生もお誘いして、ご一緒に連弾の勉強を

皆さん、思いがけない方の来訪に驚いたり、喜ばれたり場が華やぎました。

連休中にも関わらず、ドゥオールさんの熱心なご指導のもと、モーツァルトや日本の歌の連弾曲を、代わる代わるに組み、ときには、先生に相方を弾いて頂きながら、緊張感の中で連弾の醍醐味を味わいました!

受講者同士で

ドゥオールのお二人の、鍛え抜かれた指と音楽を間近で感じながら弾けるって、なんと贅沢‼︎

皆さんでお食事のあと、奈津子先生と久しぶりにお話をうかがう機会が持てて、幸せな休日でした

素晴らしい指導者である奈津子先生のご助言は、折に触れ反芻して指針とさせて頂いております

いつも、郡山へいらっしゃる度に思い出して頂けて嬉しいです

こうした学びは、全て、生徒さんに活かしていきます♪

ドゥオールのお二人は、10月にドイツで演奏旅行をされるので、次回11月には、そちらのお話も楽しみです。

前回のセミナーの記事はこちら

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ピアノの道は、結論を焦らず

北海道胆振東部地震により被災された皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。
________________________________________________
虫の声、清々しい秋の空、やっと落ち着いた季節の到来です。
暑い夏の盛りには、色んなことに挑戦しました。


写真もその一つです。
いつも、ひとつの道を歩んでいるので、たまには、別の角度から「表現」を学んでみたくなります。

鴨川の川床と白川柳通

これまで、若い頃からの趣味の習い事といったら、フラメンコ、社交ダンスなど、どこか音楽と結びつきのあるものが多かった気がします。

リサイタルを聴きに行くことや、絵画やバレエを観たり、料理もワインも、本を読んだり、色んな土地を訪れるのも、長年の蓄積で、詰まるところは、演奏するときに、良いセンスを身につける為だったりします。

写心の宿題

写心の宿題で、「自分の好きな写真を100枚集めてくる」というのがありました。

自分で選んだ写真には、どこか共通点がありました。方向性が見えてきます。
これをピアニストの演奏に置き換えても、面白いと思います。

同じ人の撮る写真には、色彩、空気感において共通点があり、そこも、ピアノと似ているなと思いました。

撮った写真を見せ合う

二つ目の宿題は、

自分の「想いを込めた1枚」を撮って来ることでした。

私は、”夫が私に褒められて(笑)嬉しそうにピアノを弾いている写真”を印刷して行きました。
どの様な背景においても、「気持ちの込もる」というのは、表現の基本だと思います。

ピアノの生徒さんたちは、ひと夏を越して、各々が、どこか上達しているように嬉しく思うこの頃です。

私は、今回、写心を通して、「ありのままに撮られることで、自分の色んな姿を受け入れること」も学びました。
またピアノと共通項発見。

ピアノは、その上達の過程で、自分の「足りないこと、今は出来ていないこと、性格、問題」様々な壁を突きつけられます。
すべてと繋がっているのです。
それを、見たくないと、目を塞いでしまっては、成長が出来ません。

そして、そんなに簡単に何もかも出来てしまっては、こんなに長い間、続けている価値があるはずもありません。

たまに息抜きをしながら、また長い道を歩いて行こう、この秋の落ち着きとともに、気持ちを新たにしました。

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

LINE@始めてみます!

ペルルピアノ教室公式LINE@、始めてみます。

今日、9月13日は、新しいことを始めるのに良い日だそうですね!
一年で6日しかないと言われている「天赦日」、
一粒万倍日、大安と重なって、2018年で最も縁起の良い日のようです。

日付けの変わる前に滑リこみセーフで、お友達追加ボタン、貼り付けます

友だち追加

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

お知らせ — 11:56 PM  Comments (0)