演奏の「姿勢」を伝える

ピアノを始めたばかりや、小中学生くらいの方達は、例え何年かやっていても、演奏するときの心の姿勢を知らないまま、曲だけが進んでしまっていることがあります。

何年もやっているのに注意されれば、おもしろくはないだろうとは思います。

けれど、ピアノはちゃんと弾けるようになるまで長い道のりの、奥の深いものです。

初歩から蓄積されていくように、私は育てたいです。

レッスンとは、日々、細々したことをやりながらも実は、音楽への演奏への「姿勢」を伝え続けることなのだと思うこの頃です。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

Filed under: 未分類 — 8:08 AM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA