「自分の音、聴いてる?」山本美芽先生出版記念パーティー


12/14(金)は、音楽ライターの山本美芽先生の待望の新刊、「自分の音、聴いてる?〜発想を変えるピアノレッスン〜」のご出版記念パーティーでした。

新宿、センチュリーサザンタワーの日本料理の個室にて、ランチ会の形式で行われました。


ご執筆の経緯や、これまで1年半の記録をお話になる美芽先生。

お隣の、黒田篤志様(春秋社の元敏腕編集者でいらっしゃいます)からの勧めにより、この度のテーマで本を書かれたといいます。
黒田氏は、美芽先生仰る所の「素晴らしい日本語をお話しになる」のお言葉通り、語彙の豊富さだけでなく、文芸調の言葉のセンスに溢れた方で、今後のピアノ教育業界のあり方にも新しい方向性を提言され、大変貴重なお話が伺えました。

音大にみられるアカデミズムとは、また違った、繋がりを大切にした新しいピアノ教育業界のあり方が、音楽を楽しみ支持する人々の層を厚くし、ピアノ教師の確かな位置付けも可能になり得ると言ったお話もありました。

春秋社という格式ある出版社から出された、この度の「自分の音、聴いてる?」は、楽譜には書ききれない音楽の「ニュアンス」といったものや、「聴く力の積み重ねが、弾く力につながる」ということなど、これまでの音楽書でも、語りきれていない分野を、非常に研究された重要な書物ですbook.gif

私は最初、参加者全員に贈られたこの本を、帰りの新幹線で読み始めようとしましたがbullettrain.gif、あまりの内容の充実ぶりにwobbly.gif、執筆の期間が短くはなかった理由が解り、集中出来る環境で改めて読みました。

既に数々の優れた著作を出されている山本美芽先生の、アメリカから戻られた後の初の著作である本書は、一行一行の内容の密度の濃さと、視点の斬新さ、各方面への取材量の豊富さ、ご自身の再レッスン経験、言葉を自在に操りながらも練られている構成全てが、それまでの本から更なるご成長、巧さをみせて下さっているのに、私は驚嘆しましたsign01.gif

黒田氏の話によれば、山本美芽先生は、ほうぼうの有名大型書店でも、名の通った著作家だといいます。

「音楽の上手さ」を、「聴く力を鍛え」ニュアンスを聴き取れる能力と指摘する本書では、微に入り細に入り、幅広くその方法論まで提示して下さっています。

「内的聴覚」についての言及や、日々の「相互作用」のことなど、今後のレッスンでも、観点のコツが絞られて、頭がすっきりしましたflair.gif

「プロセス」を楽しむスタンスの大事さ。ご自身の育児体験、音楽教育研究家、ジャズ・フュージョン音楽ライターとしての豊かな引き出しからの視点を織り交ぜながら、語られる本書が本当に理解出来たら、今よりもっと、音楽を理解し楽しめ、上達するに違いないと、私は、この本の影響が自分に及ぼす後の影響が楽しみでなりません!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

Filed under: ピアノ教育,書評 — 4:23 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

4 Comments »
  1. 敦子先生、素敵な記事にまとめてくださってありがとうございます! 写真もバッチリ! 恐縮です。
    敦子先生のように、深く理解してくださる方がいるから、書き続けてこられたんだと思います。これからも、どうぞよろしくお願いいたしますね。この本のアイデアで、レッスンで何かお役にたてたことがあったら、是非おきかせいただけたら嬉しいです。

    Comment by 山本美芽 — 2012年12月20日 11:28 PM
  2.  美芽先生
    この度は、ご出版本当におめでとうございます!これからの冬休みに、先生の本を読まれる方々、沢山いらっしゃると思います。
    言葉に変換するのが難しいだろう領域を、くだけた実例を交えながら、お話が進んで行く所が、読みやすいなと思いました。
    室内楽も、もっとやってみたくなりました。「目を閉じて歩く練習」だけは、ちょっと場所を選ばないと、こわいかなあ〜^^
    レッスンで、活かしたいと思います!

    Comment by あつこ — 2012年12月22日 6:51 AM
  3. 敦子先生、みめ先生のパーティをよく思い出させてくださる素敵な、そして大事なエッセンスがぎゅっとつまった、すてきなブログですね。

    どうしてこんなに覚えていられるのか、そしてほんとに素敵な文章で書かれること、いつもすばらしいです。

    私も年末年始の休み中にじっくり読もうと思いますが、また今度お会いしたときにいろいろお話しましょうね!

    楽しいクリスマスと新年を最愛のかたと幸せにお過ごしください!

    Comment by 中村 明子 — 2012年12月24日 10:29 PM
  4. 明子先生
    メリー☆クリスマス♪
    クリスマスコンサート、お疲れ様でした!

    嬉しいお言葉を有難うございます(*^^*)
    また今度お目にかかった時に、本のお話など深められたら楽しいですね!
    もちろん、ふつうの日常のお話も(笑)

    明子先生も、大切なご家族様方と、素晴らしい新年をお迎え下さいませ!!

    Comment by 敦子 — 2012年12月25日 12:16 PM
Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA