横濱音楽塾

昨日の日曜、東京八重洲で用があり、その前に足を伸ばして、南万騎が原のピアノクリニックヨコヤマさんの「横濱音楽塾」を聴いてきました。

いつ見ても素敵な看板と、名器の並ぶ店内!

横浜からさらに20分。素敵な看板が目印のヨコヤマさんのお店では、これまでにアメリカで教鞭をとられていたピアニストの長島達也さんによる「ピアノ音楽史の流れ・全体図」の回を聴くことが出来ました!

音楽を専門にしていない方々にもわかりやすく、専門用語をつかわず、どんな風にお話されるのかがとても興味がありました😊

長島さんは、ご両親がそれぞれピアニスト、オペラ歌手だったそうで、ご幼少の頃から「音楽の全体像」をご家庭で聴いて育った経験が、のちに細部を理解するのに非常に役立ったと話されていました。

熱量の高い、目に情熱の込もったお話ぶりの大変印象的な長島さんの、演奏と講義に惹きこまれた2時間でした。

音楽史は、語る人によって、また対象者によって、語り口も、クローズアップされる出来事も変わってくるので、何度きいても飽きず、新たな発見がたくさんあります。

八重洲に戻らなくてはならなかったので、ロマン派以降聴けなかったのが残念でした。300年のピアノ史の骨格をどう話されたのか気になります!

その後も学びに溢れ実り多い一日となりました。

ピアノレッスンのあり方を模索し続ける-ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

郡山文化センターで “スタインウェイ”や”ベーゼンドルファー “を弾くイベント!

郡山市民文化センター中ホールで、何年前からか催されている「楽器体験プログラム」〜世界の名器〜スタインウェイやベーゼンドルファーを弾きに行こう!というイベント。

チラシをみて、早速申し込んだところ、最後の1枠でした❗️

806席の中ホールのスタインウェイとベーゼンは、これまでの演奏会や発表会でドキドキして弾いた懐かしい思い出があります。

スタインウェイは一度買い替えをされていますが、ベーゼンは学生の頃に弾いたものと同じです🎵

今回はベーゼンしか弾けませんが、楽しみです😊

生徒さんで、「どうしても弾いてみたい」という方がいらっしゃいましたら、時間をシェアしますのでお知らせください。朝早いです。

音のパレットで生活に彩りを-ペルルピアノ教室

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

楽器 — 11:46 PM  Comments (0)

4月4日の「調律の日」に、ヨーロッパ式調律見学会

教室コラムに更新しました♪

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
楽器 — 1:28 PM  Comments (0)

ピアノと電子ピアノの違い

教室コラムを更新しました。

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師

にほんブログ村

こんなにも重要だった!ピアノの椅子

ブリュートナーのピアノに使っていた椅子が代わって、ますます居心地の良いピアノの時間になりました・・・!

こんなにも重要だった!ピアノの椅子

初お目見えで、生徒さんも座ってみていました。
ふかふかで、傾斜も興味深げ。
座ってみたくなる椅子なんですね!

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

楽器 — 12:00 AM  Comments (0)

ヨーロッパ式調律

教室コラムを更新しました♪

ヨーロッパ式調律

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

楽器 — 6:29 PM  Comments (0)

ピアノを始める年齢、楽器のこと

教室コラムを更新しました♪

ピアノを習い始める年齢、楽器のこと

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

「耳は正直」

HPのコラムを更新しました。

毎日練習するお家のピアノは、とても大事です

「耳は正直」

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

楽器 — 1:45 PM  Comments (0)

ブリュートナーを迎えて

教室コラムを更新しました!
HPにリンクが飛びます♪

ブリュートナーを迎えて

昨日から、レッスンが始まりました

新規の方だったのですが、玄関を開けるなり喜んでくださって、私も嬉しかったですこれからどうぞ宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

楽器 — 11:59 PM  Comments (0)

木のぬくもり〜Bピアノ教育研究室

ペルルピアノ教室HP

時間をかけて丁寧に作られた邸宅には、時間をかけて作られたピアノが似合います。
img_6280 img_6281

先日、小岩のBピアノ教育研究室で、極上の文化の日を過ごしました
木漏れ日の差し込む地下のレッスン室に据えられた、都内でも珍しいブリュートナーに出迎えられました。

ライプツィヒ生まれのこのピアノは、ドビュッシーが1905年、エンマとの駆け落ちの年に購入したエピソードもあり、アリコートと呼ばれる4本弦が張られた高音部がとても澄んだ響きがします
img_6290
大竹道哉先生を兵庫からお招きしての、サロンコンサート&公開レッスンが開かれていました。
温かな木のぬくもりと、音域により様々な楽器のような音質を持つ、ブリュートナーに合わせてのプログラムのなか、やはりとりわけ、ドビュッシーがぴったり!「アナカプリの丘」の高音の抜けの良さ、「雪の上の足跡」のしっとりした足取りは孤独の厳しさは緩和され、「デルフィの舞姫」の浮遊感、楽器の特質と対話されながらの説得力ある演奏を堪能しました。

14959032_845145458981660_711803346_o

神奈川県横須賀市のピアノ・ソルフェージュ教室ミュージックサロンカンタービレ(cantabile)♪主宰の望月和先生から、Bピアノ教育研究室様へのご縁を繋いでいただき、公開レッスンにも参加することが出来ました!
1478239537350

大竹先生の指導コンセプトは、奏法を定説とは別の切り口からアプローチを探るということで、大変勉強になりました。
1478239859740

終了後は、お2階のメインダイニング&リビングで懇親会

14922950_845146465648226_1038375546_o-1

美味しいお料理とお酒に舌鼓をうちながら、演奏活動をされているピアノ指導者の方や、ピアノをこよなく愛する方々と、「大人の休日」を過ごしました!
img_6294_2

昭和20年代のヤマハでは、大竹先生は、「月光」を披露されました。
img_6300

14958127_845145702314969_765200380_o

私の手にしているのは、「開運黄金羊羹

望月先生のご主人様の会社の羊羹を頂きました

みずみずしく滑らかな餡子のお味に一気にファンに年末に「栗きんとん」を注文させて頂きましたよ♪

長時間聴いていても耳の疲れないブリュートナーを囲んでの集い、愉しかったです。

郡山で、私もこういう催しをしたいです

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村