本番に向かっているときこそ解ることもある。

HPのコラムを更新しました♪

本番に向かっているときこそ解ることもある。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

もうすぐリト研の試験

日曜は、リトミック研究センターの月例研修会でした

来月試験なので、あのまま山梨で受けようかとも迷いましたが、年末に福島支局に移籍手続きを取り、郡山で受けることに!

甲府での12月の月例の翌日に引越しをして、2ヶ月ぶりのリトミックでした。
久しぶりで、リズムが身体に入ってこなくて少々苦戦しましたが、試験に向けてがんばろうっと

こちらも更新しました♪

「鬼のパンツ」と「フニクリ・フニクラ」

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

拍子って何?

今日は、甲府最後のレッスン日です。

マーチングをやっている生徒さん、なかでもビシッと音楽と合っている動きが出来ていると、お母様が喜んでいらっしゃいました

ディズニーにも参加出来るようなマーチングだそうです。(未就学児さん)

レッスンで、拍子のリトミックをしばらく行ったのが効を奏したようです

〜♪〜♪〜

9月30日に遡って、立川のさかもとみゆき先生のピアノdeムーブセミナーのテーマは「拍子」でした。

「拍子とは、○○である。」といった固いことでなく、「動くと、自分の中から音楽があふれ、演奏が生き生きしてくる。」とのコンセプトのもと、実際動いて、たくさん音楽を感じました!

14484992_988258387953267_1184713469450165723_n

パラバルーンを上げ下げして、アナクルーシス(準備)とクルーシス(行動)を感じ、気持ちが良い〜♪

14440708_882179141919363_4740617921912515783_n
ボールやテニスボールで拍子を感じたり
14495308_882179151919362_1488582059313066801_n
壁ドンゲームをしたり、大きく盛り上がった後は、14495424_882178228586121_2169746889661084402_n
さかもと先生のご主人様のお店、高級「天ぷら岡本」で、季節の天ぷらを堪能しました〜♪
14523268_882178735252737_390933969672526532_n_2 img_5924  〆の「天茶漬け」😋
14479643_882178288586115_6264898865164973036_n_2img_5930
お教室に伺って、即興演奏のコツも教えて頂いたり♪
img_5942o0480036013761626787
たっぷり一日学びました!

前回の記事はこちら

「ピアノ de ムーブ」を受講して

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

「ピアノ de ムーブ」を受講して

すっかり秋色の日々がやって来ましたが、まだまだ暑いです…

8月29日、台風の近づく空のなか、立川まで「ピアノdeムーブ」リトミックセミナーを受けに行ってまいりました。
14192608_863285767142034_6699212945407084601_n 14068256_863285817142029_2308299750317477725_n
フレーズは旅」というテーマのもと、音楽の要素の一つである「フレーズ」を、身体で体感し、表現する勉強です。

フレーズは、言葉のように流れるものだからヒラヒラと動いています

主催者のさかもとみゆき先生とは、数年前、別のセミナーをお隣の席で受講してお知り合いになりました。
子どもさん達への指導では、教え込むのではなく「音楽を浴びさせる」ことが貴重だと仰っていました。

14199744_863285813808696_7860598305373871064_n
旅に見立てて、日程=時間、行き先=空間、乗り物=時間・エネルギー、何人で=エネルギーを感じて、みゆき先生の即興演奏に合わせて動いてみました。

他にも、カラフルボードや、スカーフ、ボール、リボンを使っての拍子やフレーズの動きをし、音楽が本当に、時間のなかで動いているものだと体感しました。
14141715_863285990475345_8116134753557594093_n 14080005_863286050475339_857574269334239561_n
近年ますます、リトミックを取り入れたレッスンは、あらゆる工夫で進化しています。

私達が子どもの頃、まだリトミックは盛んではなくて、男の子なんてどうしていたのだろうと思うほど、椅子に座りっぱなしでした

現代のお子さん達は、幸せだなぁとつくづく思ったりします

この日のことを、レッスンに活かした所、生徒さん達は大喜び!!!
またまた増えてしまったトキメキのレッスングッズに、目を爛々と輝かせ、活発に取り組んでいますよ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

リトミック夏期講習♪

先週の日曜日は、リトミック研究センターの夏期特別講習会で、東京から鈴木純子先生が、山梨へおいでになりました

30名くらいの参加者でも、自己紹介で膝をたたいて「○○ちゃん♪」と呼び合うゲームで、すぐに場が和やかに

長野からのピアノの先生ともお知り合いになりました
IMG_5144

純子先生は、裸足ですごく元気に、夏らしいリトミックやダイナミックなリトミックなど、頭で考えるヒマもないほど楽しい体験をさせてくださいました♪

大人でもリトミックは面白いな〜。童心に帰る一日でした。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

リトミックのロープで遊ぼ!

IMG_4680
おチビちゃんたちのリトミック用に、リトミックの支局長のところから、4色のカラーロープを購入して来ました
IMG_4681
手芸屋さんの紐で代用しようかな、一色にしようかな…と悩んでいたところ、「ちゃんとした教具の方が良いですよ!4本あった方が良いですよ」と別の先生も仰っていました。
なるほど、随分しっかりした紐でした

IMG_4677
早速、レッスンで使いました 廊下をキャンバスに
これは、お家の絵(紙)の中に、四角のシールを貼る前に、まずはロープで、「この中に四角をいれます!」という感覚をわかってもらうためのもの。
きゃあきゃあ張り切って、10階建てのビルを造っちゃった生徒さんもいました。駐車場まであったりね(笑)

IMG_4674_2
これは、木

大きな、まあるいバースデーケーキも作りました

図形、いいなあ!
頭が、柔軟になりそうです

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ところ変われば、の リトミック!

IMG_3018
リトミック研究センターの研修を、山梨で受けています
以前、福島で受けていた時と、ところ変われば、先生方のカラーも変わるし、またおもしろいです。
IMG_3021
中級は、2歳児さんのリトミック指導についてですが、(初級は、3歳児さんについて)さすが中級、とてもレベルが上がっているのを感じます。
IMG_3022
リトミックは、きっとまだまだ奥が深いのでしょうね。
数年前に新しくなった教材は、モンテッソーリの教具にも通じるところがあるようです!

先日のピティナ・ステップでも「耳が良い」とお褒め頂いた生徒さんは、即時反応が身についていて、演奏にも反映されているのかもしれません。

ただ、教本を進めるだけでは、幼児さんにとっては、面白くないですものね!
これからも、リトミックを幼児さんの個人レッスンの中にどんどん取り入れます♪
毎回、ネタを考えるの楽しいんですよ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

音脳リトミックの「音育児講座」に参加して来ました!

9日の月曜日、音脳リトミックの「音育児マイスター講座」を受けて来ました!今回は、単発講座です。
墨田川にかかる橋を渡って会場に向かいました。
o0480036013479662320

音脳リトミックは、かねてより興味がありました

北九州市から、金子栄美子理事がいらっしゃり、イメージの世界、五感をフルに使った、感性のリトミックをご紹介して下さいました

シュタイナー楽器でもあり、音楽療法でも使われる「ライアー」の繊細な弦の音に、小さなお子さん達も、集中力を高めるそうです。
障がいのある方や、終末期医療の現場などでも心的効果があるとのことです。すっかり、ライアーのかそけき響きに癒されました
glyre

ライアーの持ち方は、こんな感じに赤ちゃんを見る様にと、教わりました
IMG_0063

私は、震災の前年にリトミック研究センターの方で初級(3歳児の指導)を取り、その後のレッスンにとても役立っていますし、今もずっと、小さい生徒さん方は、本当にリトミックの要素を取り入れてレッスンするのが大好きなので、もっと生徒さんを楽しませられたらいいなと思っています。

o0480064013479582961
音脳ピアミックの様子♪
「とおんちゃん」という可愛いキャラクターにも出会え、2歳児の指導に触れることが出来ました!
img_photo-03

右脳を使うことは、そのあと、ピアノ演奏においてもイメージを持てるお子さんになるのではないかなと、リトミックの良さを沢山感じてきました♪♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

3歳児さんのお気にいり…!

習い始めて半年経った3歳児さん、ピアノを弾く音も、とてもしっかりして来て、5指の動きも、少し複雑なものでも出来るようになりました!    関連記事「やわらかな感性〜幼児さんのレッスン」

けれど、リトミックが大好きなので、この間は、ケーキ屋さんごっこと、動物のお散歩のリトミックをしました

いつもは、レッスンの時は、ペアの犬のぬいぐるみを引っ込めておくのですが、その日は、動物のリトミックだから出しておいたところ、初めて会った、ペルルワルルがとっても気にいってくれたご様子でした 男の子なので、黒い「ワルちゃん」が好きみたい

今週は、2匹はお洗濯機でキレイキレイして、お待ちしています〜

そんなわけで、「ペルルとワルルのご紹介」を過去記事から…。

2012年10月17日の記事 「ほのぼの日記」

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


ピアノに関係のない記事を2つほど。かなり、ばかばかしいかもしれませんcoldsweats01.gif
私室のお気に入りソファの上が定位置の、ペルルという白いぬいぐるみに焼きもちをやいた旦さま。
以前から、「ワルル」というのを飼う(買う)と言い張っていましたsweat02.gif

そして先日、とうとうニューオータニで買って来たワルル。ペルちゃんと同じお花のお店で、2,000Yenしませんでしたtulip.gifhouse.gif

ペルのライバルとして、連れて来られたワルル。最初は、ベルリンの壁(?)を挟んで対立していたもののbomb.gif

知らない間に、2匹は仲良しになっていましたicon_redface.gif

ワルルは、バッグなのですが、「どうして、持ち手がないの?」というペルとの会話にも、吹出してしまいましたsweat01.gif

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

やわらかな感性〜幼児さんのレッスン

更新が滞ったまま、7月を迎えてしまいました。明日はもう七夕です。
写真
我が家の庭には、除草剤を撒いてないので、草がすぐに伸びて、「草むしり」に毎週てんてこまいです
おいで下さっている生徒さんに、ぼさぼさの庭でお迎えするのは申し訳ないので、せっせとむしっています
刈ってミー○の刃も、だめになって、ほとんど手で全て行っていますが、土と触れ合うと、とても気持ちが良く、爽快です

これから梅雨も明けたら、ますます成長してしまうので、そろそろギブアップして、除草剤を一応買っては来てみました
写真
(山梨の身延の方の、「あじさい寺」のフォトとは関係ありませんが、一緒にupしますね*^^*)

先日4歳になったばかりの生徒さんとのレッスンは、毎週、内容をアイデアでふくらませ、オーダーメイドのカリキュラムを作成しています
リトミックあり、色んな楽器体験、弾くこと、かくこと、盛り沢山
男の子は、身体能力が高く、身体を動かすことが大好きですね
でも、じっとしていることも出来て、のみ込みの早い、とってもおりこうさん。
お母様のしつけが素晴らしいのです。
この間は、別のおともだちの演奏をDVDで観て、初めての別室に入って、新鮮そうでした
写真
小さいお子さんがピアノを始める前に、家庭に音楽があった環境、きっかけがあります。
大人の生徒さんに聞いてみても、始める前にピアノがあったとか、お父様が音楽好きだったなど、知らず知らずに目にしたり耳にして、「好き」を受け継いだ環境ってありますよね!
山梨にいる間に、こちらでご縁のあった生徒さんには、ずっと「音楽」がそっと寄り添って、色んなことを乗り越える力となるよう願いを込め、全力で、出来ることをしていきたいです。
写真
ピアノは、(音色もさることながら)フォルムが美しいと、常々思います
黒々と光り、曲線のなめらかな形状。
その箱から、ハンマーが弦を打ち振動して、音色が共鳴し合い、奇跡のようなしみじみとした情緒が、優れた作曲家によって、描き出されてきました。
写真
それでも、日本における西洋音楽の歴史は、たかだか、130年くらいのものです。
本場ヨーロッパには、到底、文化が追いつかないのです。
だからこそ、豊かさの象徴がピアノでなくても良くなった現代、楽器が売れなくなったり(すみません)、習い事としても、他の価値観を持った方々も沢山いらっしゃることでしょう。
もともと遠い西洋の文化を、ただ「弾く」行為だけでは、理解することはむずかしいですね。
例えばですが、お家の片隅に、上が物の置き場になって何年も蓋を開けていないアップライトピアノや電子ピアノ…それが「ピアノ」のイメージになってしまうとすれば、部屋の場所をくうもの、といった可哀想な存在になってしまいます。
写真
中学生や高校生や、その保護者の方々は、将来を考えて仕事に即結びつく様な、現実的な資格を取ること…などに、重きを置くでしょうし、それは勿論大事なことです。

生きていくためには、芸術は、すぐにお金には結びつかないかもしれないのは、現代も、ゴッホやモディリアーニの時代も変わりません。
しかし、「文化」そのもの、情緒の豊かさが、どれほど、人間の心を豊かに、しなやかにしてくれるか、ということを忘れてはいけないですね
心、精神的なものが、間接的に「生きる力」を育んでいくのだと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村