心を休めて、数えてみたら・・・

休日、努めて「心を休めること」を心がけて過ごしていたら、むくむくと自分の練習に気持ちが入りました。

思えば、ここ3週間位、結構練習しました。

といっても、練習ばかりしていた頃の5日分にしか相当しないです。。

気力充実し、ふと自身の演奏会歴、回数を数えてみたら、

演奏会のソロでは、40回位まで思い出せて、

伴奏の仕事、パーティー等では、400回を超える出演をしていることに。

さて、今週末も生徒さんのコンクールです。
レッスンで励ましていきます!

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

日々のこと — 12:19 PM  Comments (0)

新緑の中で、写心を撮っていただきました。

新緑の丸の内で、人柄写心家TSUGUさんに「写心」を撮っていただきました!
5月から始まった100人撮影「Starting over」です。

(本来はこの写心、足まであって、構図も素敵)

「写真」じゃなくて、「写心」。

今の私の心を映し出す・・・。

TSUGUさんと会話しながら、撮影するのですが、

撮ったあとの私の変化がものすごい!!!!

普段の仕事の話とか、最近の心境とか、

話す中で、どんどん肩の力が抜けていきました。

出来上がった数100枚の写心には、

「私って、喋っている時、こういう表情の癖があるんだ」とか、

見たことのない自分が写っていて、最初は受け入れるのにとまどいました

でも、その1時間での会話から、 TSUGUさんのアドバイス通りに過ごしてみると、

翌日からレッスンに変化が現れました。

「先生、今日楽しかった!!」と、ものすごい笑顔で、

みんなが口々に言って、帰るのです。

レッスンで、生徒さんとどんな風に繋がっていきたいのか、自分自身どうしたいのか、さらに見えて来ました

ビフォーアフターのbeforeでいい。

気持ちの上での分岐点となるすごい体験でした!!!

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

牡牛座天王星入りと安積歴史博物館

5月16日に、「牡牛座が天王星入り」すると、占いの世界ではもちきりのようですね🌟

知人から聞き、「その前に、美術館や博物館へ行ったりするのが良い」という人気ブログを読んで、GWは藤や牡丹など植物ばかり観ていた私は焦りました

連休最終日に夫婦で散歩をしていて、地元の進学校、安積高校の前を通りました。

両祖父や父の出た学校なのに、そういえば博物館に入ったのは、演奏する「校歌、応援歌」の楽譜を購入に仮校舎に行った1度きり。平成12年までは男子校でした。

重要文化財の旧 尋常中学校の建物。入館してみました。

昨年ドラマのロケにも使われた2階の大講堂の美しさに圧倒されました。

グランドピアノも入っていました。発泡スチロールのニケも!


シャンデリアのスケッチも残っていました。


鹿鳴館風の建築に、フランス風上げ下げ窓。

偉業を残した卒業生の軌跡が展示されている教室もあり、入ってみて本当に良かったです。

明治の安積(あさか)疎水開墾と安積開拓で今の郡山がある。胸が熱くなりました。

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

癒しのひとときも大切

締め切り間近のコンクールに、参加する生徒さんも増えたため、このところ、ピアノに向かっている時間が長いです。


桜の時期に、素敵な方に頂いた桜のお茶でほっこり。


そろそろ芝生も緑に生え変わる時期!
お友達先生に頂いた、リラックスのハーブティーで、ほっと一息タイムです。

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

福島の心〜滝桜・花見山

昨日、福島を代表する桜の名所を2ヶ所めぐりました。

「花(桜)の心にヤマト心を見る」と語った、本居宣長になぞらえて、福島の桜に、福島人の心を見つめながら歩いて考えたことです。

福島の心〜滝桜・花見山

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

二日間の休暇で得たもの

本来、金曜、土曜はレッスンがありますが、年度末のお休みで、この二日のんびりムードです。

何をするわけでもなく、ぶらっと本屋さんに寄ったり、カフェに入ったり気ままを楽しみました。

でも、一番やりたかったことは、自分のピアノを弾くこと。

精神的に余裕がないと取り組めません。

弾き始めると、3時間半くらいはあっという間にすぎるのですが、レッスンのある日はなかなか出来ません。

明日はもっと弾きたいです

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

日々のこと — 12:54 AM  Comments (0)

雪でも穏やかなお彼岸

仏事のときは、ご先祖様のためにも、穏やかに過ごしたい、そんな気持ちで過ごした春分の日。

母の作った海苔巻き、稲荷寿司、おはぎ、どれも、最高に好きです。

なかなか普段、言葉では感謝の気持ちを伝えられないけれど、子どものころは、何部屋も遠くにいても、大きな声で、おいし〜い、ありがとう、を伝えていました。

このちらし寿司は、桃の節句のときのもの。

ファンタスティックで、母にしか出せない酢の味。

感謝の気持ちしかありません。

ペルルピアノHP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

宮城道雄の「春の海」

週末、いわきに行ってきました。
春先になると、無性に海が見たくなります。
小名浜の三崎公園や、ゴルフのできるホテルから海を眺めました。

癒されます。風が冷たかったですが、静かな海でした。

帰ってきてから、宮城道雄の「春の海」(昭和4年)の音型があたまを過ぎりました。

まさしく波の描写です。

8歳で失明した宮城さん、それより前に瀬戸内の海を目にした風景をイメージしたと言われています。

海が様々に変容するさまや、鳥の声など描かれ、西洋的な要素もみられます。

フランス人のヴァイオリニスト、ルネ・シュメーが昭和7年に来日し、演奏会で取り上げたことから世界にも広まったそうです。

YouTubeでも、この演奏を聴けます。

美しく、作曲者、演奏者の懐の深さを感じることができます。

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

確定申告から昨年を振り返る

今週は、確定申告の準備をしていて、終わってすっきりしています。

数字や領収書を見つめながら、「何に向かって、どう準備を積み重ねて行ったのか」、この月は「何に心を砕いて、どう打破して行ったのか」、まるでストーリーが見えるかのようで、感慨深さすらありました。

新しく入った生徒さんの親御さんに、「(引き出しが多くて)こんなにプロな先生みたことありません。私が小さい頃習いたかった!」と過分なお言葉を頂戴いたしました。

手前味噌になり、書き出すのは恥ずかしいですが、指導の引き出しは、随分と、足で稼いで得たかけがえのないものなのだなと、しみじみ感じ入りました。

何か良いものを得ようとすると、地方に住むものにとっては、まず交通費の壁があり、時間も少しは多くかかります。

かけないようにしようとすれば、それも可能なのだろうけれど、やはり私は良いものをご提供したい、という気持ちが強いのだと思います。

〜・〜・〜・

先週末は、猪苗代へ。2週間ぶりのオフでした。

こんなに強烈な氷柱をみて、


薪ストーブで暖まり、

磐梯山のカレーを食べて、

数年前、編みかけて頓挫した「手編み」のくつ下を買って、ほっこり!

あったかさが違います

ぼ〜っと、生産性なく過ごす時間も、必要ですね・・・。

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

アニバーサリーと再会と

今週は、誕生日や、記念日で色んな方々に声をかけていただき、嬉しい毎日でした。

誕生日当日は、高校・大学の同級生と連弾の合わせ♬、翌日は、受験のときにピアノをみていた大学生の声楽の合わせ♬、音楽三昧の1週間でした。

レッスンが終わってからもピアノに向かっている時間が長かったので、もともとの肩こりがさらにひどくなったものの、久しぶりの再会は喜ばしいものでした。

今日はなんと、


小さなかっこいい(可愛い💗)兄弟くんたちが、「先生にハッピーバースデーの演奏をプレゼントします🎻🎹」と、素晴らしいデュオを奏でてくれました!!

数日遅れの素敵なバースデープレゼント、とってもハッピーな気持ちになりました。

ありがとうございました!

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

日々のこと — 11:06 PM  Comments (0)