仙台でパワーチャージ

教室の一大イベント、「発表会」の仕事は、当日を晴れて迎えるまで尽きせぬ仕事が休みなく続きます。

けれども、スピーキング・アカデミーを主宰する山本光子先生が、仙台にお越しになられたので、思い切って、仙台でゆとりの時間を持ちました!

瑞鳳殿

秋田で一級建築士事務所を構える土田さんや、仙台でピアノ教室を運営する内山先生と行動をともにし、急遽、一泊することになり、エネルギーチャージしてきました。

青葉城址は、これまで、近くまで通ってもきちんと観たことがなく、青葉山から見える、広々とした仙台の景色や、政宗公の騎馬像に興奮

ついウキウキと、表情がほころびました!

政宗公の眠る「瑞鳳殿」では、まだもみじの紅葉が観られ、神聖な澄んだ空気に浄化されるかのように、どんどん気持ちが解放されていくのを感じました。

この霊廟を訪れると、仕事運、成長運、やる気運がupするとか!

神々しい午前中の光を浴び、

お昼には新幹線に間に合うよう、内山先生が送ってくださって、感謝と楽しさ溢れる仙台の思い出ができました。

ただ遊んでいたわけではなく、仕事の話や、大切な時間を過ごし、スペシャルな小旅行となりました。

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

すてきな時間

週末、レッスンで、バースデーの近い私に、グラデーションで花束を折った素敵なカードを小1の生徒さんからいただきました

2年前のちょうど今頃、郡山で体験レッスン受付を開始してすぐに、一番乗りでお申し込みをくださった生徒さんです

生徒さんたちとの出逢いは、本当に感謝の想いです

その夜、

昨年の発表会で、素晴らしいスタンド花を贈ってくださった古くからの友達に、とても久しぶりに会い、焼き鳥とシャンパンで乾杯しました🍾。

なんと、明け方まで(思えば、昔からそうだったのかも!)

懐かしい話、空白の期間のそれぞれの生活のこと、いつまでもぽつりぽつりと喋っていました。

高3の時、新幹線で一緒に音大の先生のお家に通い、新幹線の中で「楽典」の宿題をした私に「文字が揺れないの?」と聞かれ、受験科目の「視唱」を車内で一緒にうたい笑い転げたりの10代のころから、積み重ねた飾らないトーク。

心の内を話せるというのは、すてきなことです。

同じ日、

3年4ヶ月の甲府滞在の終盤に、ある資格を取っていた際、知り合ったお友達が、娘さんがお遊戯会で弾く曲を「教えて〜‼︎」と連絡をくださったので、昨日動画を撮ってお送りしたり

家の2年点検で、この年月を振り返ることの多い、週末となりました。

12月に郡山に戻って2年になります。

水晶の産地、甲府では、最後に、新たな家の鍵につけるキーポルダーを買い、

2016.11月末 笹子トンネル付近

あまり降らない雪景色を、車窓から眺めながら、引き渡しの頃、郡山、山梨間を行き来したのを覚えています。

その後は一度も訪れる機会はありませんが、懐かしく懐かしく思い出しました。

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

北海道から幸せの根菜たち!

ピンポーン🚪、今朝、札幌の友人から、北の恵みをいただきました😲

夏に富良野に行ったとき、「根菜はこれからが美味しくなる」とお聞きしましたが、まさに、今が旬なのですね✨

嬉しくて早速、肉じゃがとカボチャ🎃を煮ました😋

大地のパワーいっぱいの、おおらかな味がしました。甘くて美味しいです😌

明日は、「とうや」という始めての品種(密かな人気だそうですね!)の馬鈴薯をいただこうかな♪

シチューや、ポトフ、イメージがひろがります。

札幌の友人の優しい人柄を映すような贈り物には、いつも真心が込もっております。

これまで、小樽運河の景色が絵柄になっているペンたてや、気泡のあるグラスをお店で作っていただいたりとか、ひとつ一つが心あたたかなものばかり💗

お気持ち、心から感謝しています💗

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

グルメ,友人 — 7:11 PM  Comments (0)

夏休み中の楽しかった「合わせ」

富良野、風のガーデン

夏休み中、旅行のほか楽しい時間を持ったのは、10月に本番のある声楽の方との「合わせ」でした♪

うちから意外に近い、声楽の方の新しいレッスン室にお邪魔しました🏠写真を撮らなかったので😅、風景は本文と関係ありません…

木の香りと、光あふれるレッスン室で、オペラ「アドリアーナ・ルクブルール」のアリアを2曲合わせました。

常に研鑽を積まれて、脂が乗ってますます磨きのかかった歌声にうっとりしながら、刺激的で美しい時間を過ごしました。

お家探検、素敵なお部屋を見せていただいたり🚪、音楽の話に盛り上がりました。

10月に三春のまほらで、福島県声楽協会での演奏会です。伴奏がんばらねば・・・😌


ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

北海道でリフレッシュ

残暑お見舞い申し上げます。

お盆休みは、北海道を旅行しました!

久々にピアノから離れ、雄大で涼やかな土地でリフレッシュしました💕

これまでも、札幌に住む音大時代の友人に何度も色んな場所に連れて行ってもらったことを、行く先々で思い出しながら😌、今回も、六花亭カフェで友人にお会いできて、本当に嬉しかったです☺️

札幌、小樽、今回初の富良野へもレンタカーで回りました🚙
ラベンダーは時期が過ぎてしまっていましたが、少しだけ残っていて、他のお花もまるでパッチワークのように、美しく配色されて、圧巻の花畑✨

根菜とメロンが美味しく、広大な畑や十勝岳などの山々の牧歌的な風景が脳裏に残る旅でした。

今回も前もって、名所は友人に教わったおかげで、無駄のない素敵な旅行ができました✈️

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

「伝統と先進が響きあう未来へ」武蔵野音大新キャンパスお披露目会②

コラムに更新しました♪

武蔵野音大新キャンパス見学会へ②

ペルルピアノ教室HPへ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

武蔵野音大の新キャンパスお披露目会へ①

先日、母校の武蔵野音大の卒業生対象の、見学会に行って来ました。

1400名が訪れたそうです!

「伝統と先進が響きあう未来へ」とのコンセプトの素晴らしい建物に、喜びが溢れていました。(↓クリックでコラムに飛びます)

武蔵野音大の新キャンパス見学会へ①

ペルルピアノ教室HPへ

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

遅すぎるということはない

フランスにお嫁に行った、元職場の後輩・友達に、お正月明けに会ったときに、向こうのレッスン事情を少しばかり聞きました

ピアノを8歳頃から習い始めるといいます。

日本よりは、少し遅いスタートのイメージです。

ソルフェージュ教育を重視するフランスでは、やはり最初は音感などから行うようですが、かといって、中央の音楽学校と、地方の音楽学校ではレヴェルの差がかなりあり、進度が進んでいるとも言えず、子どものコンクールも日本のように盛んではないとのことでした。

状態の良いピアノも、なかなか見つけるのが困難だと聞き、そうした意味では、日本は恵まれているかもしれないと思いましたが、なんというか文化的な「ゆとり」のようなものを感じました。

ヴァカンスの頻度が多く、レッスン回数もままならないようでしたが、やはり芸術の本場の話は興味深かったです。

4mの天井高のお部屋で弾くピアノは心地良いだろうな

竹野内豊さんのCMでお馴染み、2.72の天井の我が家では、まだまだ足りません(笑)

私の生徒さんでも、小2からピアノを始められた方、先日はもうすぐ小4になる方が入会されましたが、遅すぎるという感じもなく、基礎もいやがらず、楽しそうに弾いています。

簡単なことに立ち戻るのをいやがらない素直なご性格で、弾けたら次のページ、次のページへと、意欲がいっぱいです

このままたくさん吸収していってほしいです。

興味を持ったときが、始めどきなのかもしれませんね

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

紅葉の昇仙峡へ

img_6463

先週、お友達の水野直子先生が甲府に遊びに来てくださり、昇仙峡へ行きました

img_6494

ちょうど見頃の紅葉と、澄んだ空気をたっぷり吸って、

img_6466
楽しくなって、こんなことまでしちゃいました!
img_6498
武蔵野音大では一つ後輩さんなのですが、イタリアでずっと研鑽を積まれた優秀な直子先生!チェンバロとフォルテピアノの古楽器演奏家として活躍されています

img_6454
昇仙峡は、水晶が採れるので、石のお店に立ち寄りました。
img_6470
行きの「あずさ」の揺れに驚かれ、帰路は、ためしに「かいじ」に乗ってみることに。きっと変わらなかったでしょう(笑)

私も、最初のころ、揺れに備えて、じっとしてたものでした。
img_6480

イタリアでの研究分野のお話が興味深く、電車を何本か見送っても話題は尽きませんでした
img_6485

甲府に来て、最初の頃に来たのも昇仙峡でしたが、しめくくりも昇仙峡になるとは!甲府の自然もたっぷり味わえ、笑顔いっぱいの一日でした

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

シゲルカワイを試弾して

22日の祝日に、ピティナの「バッハづくし」という一日掛かりの勉強会があり、その足で、カワイ表参道で「シゲルカワイ」を試弾して来ました。

img_5756

大学時代の友人グリュック先生と連れ立ち、交代でピアノの音色を確かめました。
「SK-5」が素敵でした。
例えていうなら、シャンパンのごとく軽やかな華やかさと、エレガントな女性的な音色がします。音が艶やかでとても響きます。

ピアニストのブーニンは、シゲルカワイSK-5を自宅に置いているそうです。

img_5754

2代目社長の名入りの、ピアノ側面のロゴの美しさ。。ため息が漏れます。

img_5752

時間をかけた手づくりの工程、ピアノ作りの思想を、カワイ横浜の方々に伺いました。
営業の方々の熱心さ、率直さは心動かされ、頭が下がります。
カワイ甲府店でも試弾させて頂いています。

ピアノって、メーカーによって音の思想が異なり、また一台一台、音が生きているようにそれぞれ違います。
素晴らしいピアノに触れて、上質な時間でした!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村