成人式の写真に感激

先程、レッスンが終わって、懐かしい、今は大学生のお母さんからラインで成人式の写真が届いていました❗️

「池田先生に出会えてほんとに良かったです」

ジーーンと来ました。

街で会ったら一瞬わからないくらい立派な大人になられて、嬉しく拝見しました。

こういうお付き合いが出来るのが最高です。

あどけなかった子どもの時の2人の姉弟を思い、いっぱいお話した小学生の頃、バスケに夢中だった中学生の頃、爽やかだった高校生の頃、長く続くご縁にありがたい気持ちでいっぱいです。

これからますます、沢山ご活躍ください‼︎

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ


にほんブログ村

「聴く力」ピアノで脳を鍛える〜教室生の進路

「聴く力」が、学力を向上させます教室生の進学先は・・・!!

「聴く力」ピアノで脳を鍛える〜教室生の進路

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

大学の合格祝い

足掛け13年来のお付き合いのお母様が、息子さんと大学進学を前に、お見えになりました

お姉ちゃんも習って下さっていたので、思い出話をしたり、あまりお家では弾いているところを見せないという息子さんの弾く姿を刻んでいただきました

「やっぱり、男の人でピアノが弾けるって、カッコいいねぇ!」と、しみじみお母様

次々、暗譜で思い出しながら音を紡ぐ生徒さんに、今日一番ハッとしたのは、「パッヘルベルのカノン」澄んだ調べでした

(最近、散々、式典で鳴っていたそうです

帰り際にお母様から頂いたお言葉に励まされました

お姉ちゃんが最初に習い始める際、学童保育の先生から「ピアノを習うなら、池田先生にすると良いよ!」と言われたと教えてくださいました。

初耳でした

低学年のころから、お家で言っていたそうです

「他のお友達と比べて、音の出し方が違う!!!」

自分の音が、きれいに響くということに、小さな頃から気づいてくれていたようです。

大人っぽくピアノを歌わせることと併せ、私が大切にしている指導ポイントを、再認識させて頂きました。

ブランコの順番をとられて泣いていた弟くんに、お姉ちゃんと駆け寄り「どうしたの?」と声をかけたのが、最初に交わした言葉でした。

やんちゃであってマナーの良い素敵な青年に成長し、これからもお友達に囲まれ、ますますの幸せを願っています

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

学校で伴奏者になるために

いまは、まだ小さい生徒さん達も、いずれこの日が来ます

学校で伴奏者に選ばれることこの、ちょっと栄誉な役割に選ばれるためには・・・

コラムを更新しました♪

学校で伴奏者になるために求められること

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

春に告げて、今まで残ってくれました。

甲府の保護者さま方に、私の移動を告げたのは、春でした
なのに、これまでずっと、皆さん残ってレッスンを受けて下さったことに、とても感謝しています。
11月も、ぎりぎりまで、通ってくださいますimg_6230

こちらの生徒さんは、ひと足お先に次の先生にバトンを渡しました。

次の先生に、「習って1年のわりには、弾けるわね」と仰って頂いたとか!それもその筈、私の愛情の賜物ですから

どちらかというと照れ屋さんなのに、最後に心から湧き出るように「ありがとうございました!」と言ってくれた真剣な眼差しは、忘れることが出来ません

0fwbii06xckle8d1477896595_1477896703-1

甲府の、7畳半のピアノ室

ピアノを弾ける環境をと探し、ここを選び、

最初の1年半は、別科の研鑽があったので教室の募集は一切かけず、真剣に自分の音楽と対峙する場でした。

次の1年9ヶ月は、愛らしい生徒さん達と共に、音楽の芽を育む場所となりました

お問い合わせは結構頂きましたが、お引き受けできる人数を制限しており、タイミングと縁のあった生徒さん方を、大切に大切に育てて参りました

定住しないことで、いつか訪れる別れを、毎回のレッスンで「あなたをとても大切に思っています」と無言の内に伝えることで、幼き日のピアノの思い出を良いものにしたいと発信し続けてきました。

レッスンへの準備は入念に行っていました。

生徒さん達は、よく応えてくれ、毎週楽しく過ごさせて頂きました。

甲府でも、私をピアノの先生にしてくれた、愛する生徒さん達、ありがとうございました

なかなか離れる実感が湧きませんでしたが、11月を目の前に、あと少しの期間、何が出来るか、精一杯がんばります

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

郡山にて 

FQFdTgzvp91Byhv1441860729

先日、郡山にレッスンに行って来ました。
夏休みを経て、少し大人になった生徒さん達の様子や、上達された大人の方々、生徒さんの幸せな様子を拝見出来て、とても嬉しい時間でした。

この春から大学でピアノを専攻している教え子ちゃんにも会いました。
大学生活が、とても充実しているようで、「今何の曲やっているの?」と尋ねると、「木枯らしのエチュード」や「ワルトシュタイン」

成績も良く、伴奏も随分頼まれるとのこと、あと3年半これから益々とどまる事なく上達しそうな勢いでした

片道4時間近くかかっても、やっぱり帰郷は楽しみなもの。

駅には、今度は釆女に扮した「おんぷちゃん」がいました♪
写真 カット写真そしてまた「東北のウイーン」の文字が・・・

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

合格おめでとう!

写真
嬉しい電話が鳴りました

お家の事情で、音楽の道を断念していた教え子ちゃん

しばらく音沙汰がなかったので、どうしたのかと思っていたところ、大学の合格発表の場所から連絡をいただきました

結局どうしても、音楽(ピアノ)がやりたくて、自力で国立の大学の音楽科を受けたとのことでした。

受かったら私に報告することを励みに頑張っていたのだと、話してくれました。突然の報告に驚きましたが、こんなに嬉しいことはありません
小学生の頃から、私は、彼女にとっては、国立の大学に入って学校の音楽の先生になる道が良いのでは、と助言して来たからです。
一時は、他の学科を目指すことにしましたが、その間学力も鍛えたはずで、諦めずに自分のやりたいことを掴み取ったねばり強さを讃えたいです。

合格して恩返ししたいと思った…とまで言って下さって、嬉しさと共に、私と似た所があるなと思いました
強い想いで、音楽を取り戻した彼女に、沢山の幸せが待っていますように!!
これからは、同じ道を進む同志として、お話が出来るのが楽しみです。

色々面倒をみて下さった、学校の音楽の先生に、私からも御礼を申し上げたい気持ちです。

 
芸術は、習ってわかるものでもないといいます。けれども、諦めないで信じて、それを大事にしていれば、師は現れるものです。

本当に良かったね!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

秋風の吹くころに

ここ1ヶ月は、私が長年教えた元生徒さんの、突然の悲報に接し、何をやっても心にかかっていました。
ブログに向かう気持ちにも到底なれず、久々の更新となりました。

来週、郡山にレッスンと所用があって帰る機会に、写真の中の彼女に会って来ます。

澄んだ空を仰ぎ、涼やかな秋の風が吹くこの時期、何とは無しに、心の中にも、すきま風が吹きます。

今私は、充電期間でもある訳なのですが、勉強をする中で、価値観も随分変動したりしました。
IMG_5364

例えば、レッスンの時に、弾くのが長いか、お話にもどの程度、一定の時間を取るかという問題。
数分でも長く弾いていないと、レッスンじゃないと思う生徒さんもいる、
ピアノ教室である以上、長くピアノが鳴り響いてないとという、講師側の配慮もある。

けれども、より良く弾くには、根本的なことを良く理解してもらわなければならないので、ある程度の話は必要になる訳です。

お稽古としてのピアノか、アートとしてのピアノか、
そんな線引きしてもしょうがないけれど、ならばお稽古って、難しいレベルの曲に挑戦したり、曲が進めばいいというわけではないとも思うのですね。

ブログでこうしたことを書くのは難しいし、口頭でいえば伝わるかというと、そうでもないのです。

制約や、理解に対する開き、価値観の違い。そうしたものが、口をつむぐ方に向かわせてしまう。
これは違うだろうというレッスンで、つい妥協してしまう。

また、新規に多くの方々のお役に立てる日を迎えたら、少し勇気を持って、自分の勉強して来た真実を大切に出来るレッスンを、想い描いています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

県内の公立中学校卒業式、おめでとうございます!

今日は、あいにくの雨となってしまいましたが、福島県内の公立中学校の卒業式が、一斉に行われました。

私が、ピアノを教えていた生徒さん達も、今日で中学を卒業され、春からはそれぞれの高校へと進まれること、お喜び申し上げます。

震災の時に、小学校を卒業された方々が、その後の3年間を福島で送り、多感な中学生活を過ごされたことに、感慨深い思いがします。

様々な思いを乗り越えて、立派に活躍した中学生達に、今後も素晴らしい道が拓けますよう、新たな門出をお祝い申し上げます。

ご卒業おめでとうございます!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

待ち焦がれる春

IMG_4787

待ち焦がれた春を前に、三寒四温の日々が続きますね。
3月も下旬になれば、甲府盆地には、桃の花が一斉に咲き乱れるでしょう。

今日は、郡山で昨年夏まで教えていた高校生から、嬉しい電話を頂きましたmobilephone.gif。第一志望の大学が受かったとのことでしたhappy01.gif
音楽の道で、将来の夢が拓けて本当に良かったと思います。
受験に向けて、私のあとのレッスンを引き継いで下さった、郡山の先生にも感謝の気持ちでいっぱいです。

何の道でも、結果が出るまでは、ものすごく時間がかかります。そのゴールは、これからのスタートラインでもあるわけです。
これからも、これまでと同じように、がんばっていってほしいと思います。

tulip.gif  tulip.gif  tulip.gif

私はといえば、ひと月程前の受験で、バッハとフォーレの曲が一区切りついたので、今度は、ブラームスとドビュッシーに取り組んでいます。
ブラームスのその曲は、私が初めて海外旅行に行った20歳の時に、ウイーンの楽譜屋さんで買ってきたもの。
その時は、ヘンレ版が、グレーでなく、(新しいから)青みがかっており、『やっぱり本場で買うと、表紙の柔らかさまで違うわね』と出しては眺めて、とうとう弾かないままだったので、この度やっと取り組めるのが楽しみです。

ブラームスの文献は、比較的少ないように思うのですが、昨年復刻版で出た、ブラームスとクララ・シューマンの書簡が、読み応えがありました。
譜読みと調べものに明け暮れる日々、非常に充実しています。

今日のように、もと生徒さんから、合格知らせの声が聞けたりすると、生徒さんを長い目で見て育てるのは、とてもやり甲斐のあることだなとは思うのですが、今は、やはりやるべきことを最優先して、いつかまた、更に研鑽を積んだ自分で、新たな生徒さんと向き合える時が来ると考えています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村