ワインと音楽 (2)

HPのコラムを更新しました♪「ワインと作曲家編」です

良い週末をお過ごしくださいませ

ワインと音楽(2)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ワインと音楽

HPのコラムに、新春企画「ワインと音楽」を、始めました

ワインと音楽

もっとピッタリなワインと曲がありそうですが、ひとまず考えてみました〜

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

山に隠れない富士山

もうすぐ主人が車を取り替えるので、届く前の最後の日曜、私のプジョーでドライブに出かけました

今年はボジョレーを飲まず、山梨ヌーボー(の、ルミエールの新酒)にしたので、勝沼でまた仕入れました。その後は、富士山の近くに。

山梨に来て、本当に様々な美味しい白ワインと出逢いました。

この日は、まだ行っていないワイナリーを2軒巡りました。
IMG_6354 IMG_6356

ぶどうの実が枯れてまだ枝についている!
IMG_6355

お次は、イケダワイナリーさんへ。(外観は撮り忘れました。)
テイスティングして、私が気に入ったのは、この2本です
IMG_6363

この季節は、おでんとワインの組み合わせが好きなのですが、このワイン、おでんにも合いそう〜

たまたま私の、旧姓&仕事姓と同じですね!

途中、笹子餅を初めて食べて

普段は、山の連なりから頭を覗かせる富士山に慣れているので、裾野の広がりを見たいと、ちょっと足を伸ばしましたが
IMG_6359
肝心のところで充電が切れ壮麗な姿は写真にうまく収められませんでした。清々しい一日でした。
IMG_0279

10月に、初冠雪した富士山を仰ぐとき、それまでの夏の様相から、ハッとした感動があります。雪化粧をした山々は、本当にきれいですね。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

くるみ蕎麦を求めて♪

お天気に恵まれたシルバーウイークも終わりました
甘いキンモクセイの匂い漂うこの頃ですね。
うちでは、連休でもなくお彼岸らしいこともせぬまま、日曜に、念願の「くるみ蕎麦」を求めて、長野・上田市にドライブして来ました
IMG_6271 IMG_6273
近隣する東御市を中心として、くるみの全国一の生産量(32%と!)を誇るそうです。
IMG_6284 IMG_6287 IMG_6282

上田城や柳町通りを散策した後、いよいよ、くるみ蕎麦
IMG_6294 IMG_6293 IMG_6296

タレも美味しいけれど、なんといっても、お蕎麦がみずみずしくて、絶品でした

帰りがけに、道の駅で「胡桃のおはぎ」まで買って、くるみ三昧の一日でした。

柳町通りでは、良いワインにも出会っちゃったんです

ナイアガラの辛口や、紅玉のシードルとか、
甲州とはまた違った、信州の味を、
IMG_6301
お家で楽しんでいます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

記憶の引き出し

昨夜のことです
「花子とアン」で、主人公が蓮さまと10年ぶりの再会を果たす放映日と同じ日、私も、寮(武蔵野ハイム)時代の友人に逢いました

ちょうど10年ぶり。
でも、18の時に出逢っているので、箸が転んでもおかしい年頃からの長い付き合いです。

数々の、若さ故の奇想天外さと温もりある思い出が、すさまじい速度で引き出されていきました
寮の部屋から忽然と姿を消した「ドイツワイン没収事件!」は、さながら「花子とアン」の葡萄酒事件とだぶります。
たまたま1本だけ買ってあったという他愛もないものですが、寮の主管から呼び出されて、「Bar  2-8-*(部屋番号)、ではないんだからな。」と叱られたことや、私が忘れていたことを、友達が覚えていたり、逆に私が覚えていたり、笑い転げながら、記憶の底にしまってあったエピソードが溢れてきました

きっと、花子と蓮さまも、輝いた時代をお喋りしながら立ち戻って、どんなにか気持ちが昂ぶっただろうと、ちょっと重ね合わせたりした、愉しい夜でした。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

勝沼、ワインフェスティバル

先日、合唱コンクールで伴奏者を務めた生徒さんは、伴奏者賞を頂いたとのこと!おめでとうございます。良かったですね!

先週の日曜日は、勝沼のワイナリーに行って来ました。
写真

たまたま、3連休だったため、フェスティバルをやっていました。
写真

テイスティンググラスを購入し、ワインは、一杯100円から千円台までwine.gif
関東からも、電車で沢山の方々が、勝沼にいらしていましたeye.gif
写真 写真 写真

途中、サックスとギターのライブ演奏もあり、青空の下で、清々しい時を過ごしましたhappy01.gif

この位の季節になって来ると、ワインが美味しく飲めますね!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

「La Chanson de l’adieu」

先週で、受験のためお休み期間に入られる生徒さんがいましたpencil.gif

このHPのお問い合わせ第一号の生徒さんでしたpc.gif

いつも、毎回のレッスンはもとより、発表会も、姉妹で華麗な連弾で盛り上げて頂き、一緒に発表会を発展させて来たといっても良いくらいですconfident.gif

進学したら引越してしまうので、お別れの日でした。

レッスン終了後、二人の姉妹は、そっと、見たことのない楽譜を出しました。

『あっ!』

「Chanson de l’adieu」と見えました。「別れの曲」ではありませんか
それは、華やかな序奏から始まるジャズバーションで、別れなのに爽やかな調べに、アレンジされていましたshine.gif

そして、差し出されたワインのラベルには、私の名前が大きく刻印されているのを見たとき、涙が溢れて止まらなくなってしまいました。

生徒さん達の名前の下には、
We really enjoyed your lesson」とのメッセージが。

なんと、粋な計らいweep.gif

お母様から、「娘達には、先生のような人生を歩ませたいです。」とのお言葉を頂き、

嬉しいけれど、『えっ、どうして!?』二人のお嬢さんは、もっと立派な人生を歩むだろうに!と思って、聞き返した私…。

「先生のような、心豊かな人生を」と、深い笑顔で仰いました。

本当に有難うございますweep.gifheart02.gif

このお言葉は、忘れられないので、ブログにもしたためようと思います。

ずっと見送って、手を振りましたpaper.gif

輝いた日々を、ありがとう sign03.gif

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

41歳のワイン

                        鯛のフライ
1971年のヴィンテージワインを開けました!大切なお友達の先生方に贈って頂いた貴重なワインですwine.gif

ラベルに記された、私の誕生年。黄金色の白ワイン。

41歳のワインなのに、フレッシュで力強いお味で、感激でした!
辛口なのに、ハチミツ香があり、酢豚など中華とも合いました。
〜〜

また、あくる日には、赤の1970年産を開けさせて頂きました。赤白ともにブルゴーニュ。

赤というと、濃い味を想像しますが、非常に繊細で複雑な、まるで年齢の皮膚や成熟度合いと似た(へんな表現ですねcoldsweats01.gif)ワイン。

薄いガーネット色で、優しい飲み心地でした。
この二本は、仲良く木箱に入っていましたgemini.gifheart04.gif

____________________

もう一本、忘れられないワインがあります。

保護者様からのプレゼント、「レ・マリアージュ」という名のピノ・ノワールの品種のワイン。(ラベルをご覧下さい!)

ジュブレ・シャンベルタンに本拠地を持つという生産者だけあって、華やかな、香りの良いコクのあるお味です。

バースデーヴィンテージや、ロマンティックな名前の付いたワイン。
ワインが生み出された背景、保存の仕方、これらを吟味して下さった方々のお気持ちを想い、感慨に浸りながら味わって、素敵な時間を過ごさせて頂きました♪ありがとうございました!

_______________
ランキングに参加しています。
どうか、応援して下さいねshine.gif

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ワイン — 12:39 PM  Comments (0)

ワインの試飲会♪

夜に、ワインの試飲会に行って来ましたnight.gificon_redface.gif

テイスティング・グラスにて、No1からNo4まで振ってあるシートの上に乗せられたグラス達。

この日は、シャンパンがテーマでした。桜の様なcherry.gif、ピノ・ノワールのロゼのシャンパンからshine.gif!引き締まったお味。スモークサーモンと、3年熟成のパルミジャーノチーズと共に。

発泡性でないワインも2種ありました。
カベルネ・フラン種のロワールの赤と、アルザスの、ライムの香り高いゲビュルツトラミネール。
アルザスワインは、中華にも合うとの事で、チャーシューの香草巻きの様なものがメインでしたrestaurant.gif

デザートは、温かいりんごと、アイスクリームlovely.gif

ワインの色と、食べ物の色は、同系色なら相性が良いとかwine.gif

日常を忘れるひとときでした。

フランス人のワインの卸屋さんの試飲会でしたが、この度、市内の子どもさんを対象に、「日仏文化交流の会」を立ち上げられたとか!
お菓子作りや、色々なイベントも行っていくそうですので、楽しみですね。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

Perle(真珠)という名のロワール産のワイン発見!


見つけてしまいましたsign03.gif教室名のワインですhappy01.gif

これは、ロワール産の発泡性のワインで、シュナン・ブランの品種が主体となっていました。割と辛口。

教室名は、ピアニストのヴラド=ペルルミュテールからきていますが、「生徒さんとの間に壁を作らない」が、ペルルミュテール氏の、弟子達に対する時の姿勢だったといいます。
恩師がペルルミュテールに半年間薫陶を受けに、パリに行かれて戻られた時に伺ったお言葉です。大学3年の時でしたが、この姿勢は、私にとって、その後の礎となるものでした。

この話を先日、高校生にした所、『確かに先生は、上から目線の所がないから、対等に話してくれるし、厳しい事を言われたとしても、反発心無く受け入れられる。』と言われました。

ついでなので、ペルルミュテールが、ラヴェルの全作品を作曲者自身に習いに遠くまで通った事や、ピアノの演奏の世界には、そうした「系譜」がある事、連綿とした音楽的な遺産を享受し継承する重み、について話しました。
____
このワイン、買い占めたい位でしたが(笑)無理なので、ちょっとした箱買い♪

といっても、他のワインも入っています。フランス人の、ワインの卸屋さん(JPM)に「Perle」は、本当に「真珠」という意味なのか確認した所、首に掛ける所作をして下さったので、ホっ^^

ワインは、楽しいシチュエーションで飲めばgemini.gif、お味の良さも倍増&格別ですねshine.gifgood.gif

杏や黄桃などの黄色い果実を思わせるアロマが特徴♪[シュナンブラン70%シャルドネ30%]トゥーレーヌAOC。ロワール産スパークリングでは、ヴーヴレも美味しいです。

教室名の由来は、HPの謎の八分音符を探してクリックして頂くと、ページがあります。
もう一つ、ペルルという名のぬいぐるみに関する裏事情dog.gif(?)はコチラです(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村