諦めないでがんばると・・・!

教室コラムを更新しました。諦めないでがんばった生徒さん、文の後半にも登場します‼️

諦めないでがんばると・・・!

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

スケールグレードを通常レッスン時に実施しています

教室コラムを更新しました♪

スケールグレードを通常レッスン時に実施しています


ご登録はこちらから!3秒で登録完了です
友だち追加

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

大人の生徒さん達は、曲の好みがはっきりしています♪

何かと頼りになる大人の生徒さん達‼︎
好む曲の方向性がはっきりしているのが、大人の方の特徴です。私も含めて・・・。

大人の生徒さんは、曲の好みがはっきりしています♪

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ピアノが好きになるお水、絶賛プレゼント中〜♪

それぞれがんばったこの夏、教室の皆さんと、このお水で乾杯したい気持ちで、お渡ししています💕

ピアノが好きになる魔法のお水、絶賛プレゼント中〜♪

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

すべて自由…は、子どもたちのためにはならない

教室コラムを更新しました

すべて自由…は、子どもたちのためにはならない

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

生徒さんから「メダル」を頂きました♪

先日のコンクールで、努力賞だったHちゃんから、「メダル」を頂きました

コンクールの方からも、指導者の賞を頂ける様ですが、それに先駆けての小1生徒さん手づくりの折り紙の「メダル

不意を突かれて、と〜っても嬉しかったです。

実は、コンクール初日に、私は朝から38度の熱を出しつつ、両日とも生徒さん全員の演奏を、三春に聴きに行きました

演奏を聴いて戻ったため、最後の講評や結果発表には、じかに立ち合えなかったのです。

そこで、写真だけでなく、実際に先生に見せたい!と、わざわざレッスンに、トロフィーと賞状を持って来てくれたのです

優しいHちゃんは、バロック調の強弱のメリハリのつく曲を、存在感のある出だしの音を奏で、好演をしました。

手先が器用で、折り紙でいろんな難しいのを作れます

これからが楽しみです。

優しい気持ちをありがとう!!

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

問題・課題はみんな違う〜苦手別克服法

教室コラムを更新しました。

問題・課題はみんな違う〜苦手別克服法

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

男の子が3分の1強!

やっと郡山も、桜が綺麗に咲いてきました🌸

教室も新年度になり、新たな生徒さんたちを迎え、にぎやかです。

今日は、初回で23曲も丸になった男の子や、まだピアノより新幹線にくわしい小さな坊やのレッスンでした。

明日も、いつもお兄ちゃんについて来ていた弟くんや、小5の男の子が初レッスンなので、どんな感じになるのか楽しみです

私の教室、男の子が3分の1強いらっしゃいます。

そして、女の子の女子力が高い!!です


可愛い生徒さん達、一学年上がって、なんだか少し大人びた様子もちらほら。

こちらの髪留めは、春からお仕事復帰され、レッスン同伴がおばあちゃまにバトンタッチされるお母様からいただきました。

お知り合いの方に、ト音記号で作っていただいたという、お心の込もった贈りものに大感激です

お仕事でフルに活躍されているお母様とはなかなかお会い出来なくなりますが、安心していただけるよう、レッスン励んでまいります

今週末は桜も見頃でしょうか。

素敵な春と、一学年お兄さん、お姉さんになったみんなに会えるのがワクワクします

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

「無敵のヒーローとプリンセスミニコンサート」とセミナー終了しました!

年度末に行った教室イベントの様子です🎵

「無敵のヒーロー&プリンセスミニコンサート」とセミナー終了しました。

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

生徒さんの新作♪

「やさしいピアノのせんせい」になる夢を持つ、年長さんの絵です

グランドピアノの蓋のくぼみ、向きも合っているのも感心ですが、

目には見えない「音」を描いたのも、秀逸です

ピアノの周りにただよう、たくさんのカラフルな八分音符。よく観ると、足が四分音符に!

音は、言葉よりも雄弁。むしろ言葉では表現できないものまで表すことができますね。

このお子さんが、どうしてピアノの先生になりたいと思ってくれたのかは、わかりませんが、みんなそれぞれ、時間をかけて、自分の持つ才能を最大限に磨きをかけ、自分を表現していってほしいです。

私は、この女の子を、母校の新校舎に連れていって、お母さまとご一緒に、学食のスエヒロのレストランで「レッスンどうだった?」なんて話すのも、夢のひとつになってきましたよ

ペルルピアノ教室HP

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村