親子で一緒に楽譜を買いに行きましょう!

ピアノレッスン

幼い頃、ピアノの先生から「次はこの楽譜よ!買っていらっしゃいね。」と言われて、母と楽譜売り場に行くのが好きでした
小学校高学年になってからは、一人で楽譜を見に行っては、まだ知らぬ曲をパラパラと開いて、
どんな曲なのかな〜と、イメージを膨らませたり、新しい楽譜の匂いを感じたりしていました。
チャイコフスキーの「くるみ割り人形」組曲の楽譜を眺め、異国情緒を感じるのが、特にお気に入りだったと記憶に残っています

お手軽になると、イメージが育たない

youtubeですぐに曲が聴けたり、簡単に楽譜をコピー出来たりするのは、便利なことです。
その反面、楽譜を手にし、お目当ての曲以外に入っている曲に出会う発見もなければ、いつでも本棚から手に取れるよう長い間保存しておくことは出来ません。CDも同様です。

楽譜は文化

楽譜は、作曲家が曲に込めた想いをつかむ手がかりとなる、大事なツールです。
読書もそうですが、単に字づらを追うのではなく、想像を働かせ、「書かれていないことを推し量る」ことが、音楽でいう「読譜力(どくふりょく)」に繋がります。
読譜力とは、音符の高さ低さ、長さ、強さなど正しく出来ることだけを言うのではないのです。
もっとつっこんで、内容に入り込んでいくからこそ、ピアノの面白さが出てきます。

手に取って、確かめてみよう!

ブルグミュラーひとつ取っても、様々な版が出版されています。

音符の大きさが自分に合うか、ページがカラーで彩られているもの、白黒、指使いは弾きやすそうか、どんな方が監修しているか、見比べて決めるのも良いと思います。

コンクールで、発表会で、他の人が弾いていた曲、どんな楽譜なのかなと開いて見るもよし!です。

また、レッスンで課題となっていないけれど、気になる曲を、パラパラめくって、気にいったら購入してしまってもいいでしょう。

上達するお子さんのなかには、「小さい頃から、楽譜を惜しみなく買ってもらっていた」という声をよく聞きます。

ぜひ、まずは一度、親子で楽譜売り場に足を運び、手に取ってみるのが大きなきっかけになると思いますよ!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

モーツァルトは安らぎ

若いころ、作曲家が円熟の極みに達した、「後期」の作品に惹かれていました。

でも今は、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトのソナタにおいて、「初期」の作品を弾きたい気持ちになります。

出発点となる初期から順に辿って、年代を追って彼らに起こった出来事、成熟の過程を想像しながら、弾いていくのも、なんだか楽しいものです。

モーツァルトの曲は、心が安らぎます

手にも負担がかからないですし

2年前に、手を痛めた時から、今ではすっかり治っていますが、手を労るようになりました。

長く弾き続けたいですから手に聞きながら、練習をします。

作曲の中に、「安らぎ」を見いだしたのは、フォーレがそうですね。

作曲をしているときが、本当の自分に戻る時間だったようです。

曲のなかにこそ、自身の真実があったのでしょう。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

親子で高め合うピアノ教室♪

郡山で、親子でレッスンに通ってくださっている生徒さんが何組かいらっしゃいます

お父さまは「英雄ポロネーズ」、
お嬢さんは「革命」のエチュードに取り組まれている方々も
IMG_4808
お忙しい毎日のなか、すこしずつ確実に、練習されています

いわゆる名曲の魅力はやはりあるもので、つい練習に根を詰めてしまい、手首を痛めたりしてしまわないように、痛くなったら、どこかに無理な力が入っていないか確認したり、手を休めながら、ピアノを長く弾き続けていってほしいと願っています

親子でショパンの競演の休日というのも、素敵ですね!

大いに刺激し合ってください!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ピアニスト上原由記音さんリサイタル

5月30日は、スペイン音楽のスペシャリスト、ピアニスト上原由記音さんのリサイタルを聴きに、上野の東京文化会館へ参りました
IMG_3097

今年、没後100年を迎えたグラナドスの、「ゴィエスカス」全曲と、「わら人形」での演目でした。

「ゴィエスカス」は、グラナドスの最高傑作で、絢爛豪華なゴブラン織りのような、華やかな作品です。スペインもの特有の、華やかな中にも暗い宿命のようなものが漂います。
第一曲「愛の言葉」から、第6曲までの組曲で、難曲で、しかも暗譜が非常に難しいことで知られています。

私は、この曲を20歳の頃に、ルイサダのCDで初めて聴いて以来、好きな曲の一つです。好きだけど手が出せない曲です。

上原先生は、アリシア・デ・ラローチャの薫陶を受けられたというご経歴で、フェイスブックでのご縁で、お誘い頂きました。

ゴヤの絵に出てくる女性の着ている衣装を再現された、ワイン色にバラのモティーフ、パゴダスリーブに、ドレスの丈を少し短くされた美しい衣装をお召しになり、可憐なご容姿と相まって貴婦人のようでした。

第4曲の「嘆き、またはマハと夜鳴きうぐいす」での、美しく繊細なうぐいすの鳴き声の表現、第5曲「愛と死:バラード」や第6曲で、本来のテーマが絶え絶えに回帰される様子など、ハッとする印象深い音色と装飾芸術の輝きを放つ演奏でした
演奏への、前向きなご姿勢が貫かれていらっしゃいました。

ゴヤの描く、愛の駆け引きにドラマ性を感じた一夜でした
スペインものは、まだ私にはわからない部分が多いですが

東京文化会館の内装は、原色の赤と黒、そしてゴールド、コンクリートの打ちっぱなしに映える、斬新なデザインです。
演奏会場の内装も、行く先々によって様々な愉しみがありますが、これから始まる「音楽」への予感、ワクワクした気分を掻き立てられ、特にこの日は、演目とピッタリ合っている様に感じ、つい目に留まりました

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

大人の方向け曲のご紹介「ヒースの茂る荒れ地」

ドビュッシーの前奏曲集第2巻の「ヒースの茂る荒れ地」。
heide-261142_1920
スコットランド、泥炭の農耕に適さない土に広がる、ヒースの花。
ヘザー、または、日本ではエリカとも呼ばれます。

静けさの中に、ヒースの香りが匂わんばかり…、そよそよと風にざわめく音も聴こえてきそうです。肝心のヒースの香りを私は知らず、その香りがすると言われる、「ハイランドパーク12年」を嗅ぎます。
IMG_0064爽やかにほのかに甘い花の香りがします。

フランス人女性作曲家タイユフェールの「フランスの花々」に出てくる花達より、ハーブ臭はないものの、ハーブ系の香りも漂います。

ヘミングウェイの「移動祝祭日」の中で、パリの街が寒くなったから、しばらく山岳地帯の麓の山荘に夫婦で籠り、帰ってくるとすっかり街は冬に順応し、「良質な薪や石炭が売られ、石炭粉を卵型にこねたものを暖炉で燃やした」というくだりがあります。
IMG_0067

おそらく、ドビュッシーの晩年と時期が近い。
彼は、妻エンマの豪奢な暮らしぶりの為、生活費のために、「前奏曲集」をポピュラーな調子(親しまれるように)で編んだのだから、この曲集はよく売れたと言います。
薪を燃やしても煙突そのものが冷えていては、空気の通りも悪く、部屋中が煙に包まれたりする不便さを想像することも、また一興と言ったらその時代に悪いけれども、曲と仲良しになれるかもしれません。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ドビュッシーとエンマ

1904年の6月9日。
火曜ではなくて、雨の降る木曜日。
ドビュッシーが、のちに妻となるエンマ・バルダック夫人に、速達を出して家に誘った日です(『ドビュッシー書簡集』より)

翌月には、ジャージー島に駆け落ちし、シテール島(キティラ島)になぞらえた「喜びの島」は、そのころ書かれています。
ドビュッシーの人生で、また一つの艶やかな盛り上がりをみせた時期だったことが伺われます
IMG_5971

6月といえば、ドビュッシーが前年の1903年に作曲した「版画」を、私は、昨年のちょうど今頃勉強していました。「雨の庭」を、弾きながら、先生とのレッスンを思い出しています。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

曲選びは、自分探し

この春は、甲府、郡山とも、新しい生徒さん方との出逢いがありました。
昨年度は、学校に通っていたこともあり、新規募集をストップさせて頂いておりました。
ご縁を感じる出逢いに、感謝致しております
〜.〜.〜. 〜.〜.〜.
写真 Koriyama ご近所の中央公民館が新しくなり、「展望台」上ってみました。

郡山でのレッスンで、お話したことです。
曲選びは、自分探しと似ています。
或る曲に惹かれるとき、それを作曲するに至った作曲家の心境、情緒に、共感している自分に気づきます。

そのフレーズやハーモニーの表す、「何が」心を捉えて離さないのか、自分の中に分析していくと、合うもの、好きなものが見えてきます。
IMG_5963
ショパンの天才の秘密の一つに、
一見、幸福で穏やかにみえる曲調の中に、寂しさ、哀惜の念が漂っていて、その諦めの内にこそ、より甘いメランコリーが魅力を放つ。
といった不思議な力があります。

これは、ひとえに人生哲学と結びついていると言えるでしょう。

自分の求めているものを探りながら、きっと、これは!という曲にもめぐり逢えると思いますよ♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

「La Chanson de l’adieu」

先週で、受験のためお休み期間に入られる生徒さんがいましたpencil.gif

このHPのお問い合わせ第一号の生徒さんでしたpc.gif

いつも、毎回のレッスンはもとより、発表会も、姉妹で華麗な連弾で盛り上げて頂き、一緒に発表会を発展させて来たといっても良いくらいですconfident.gif

進学したら引越してしまうので、お別れの日でした。

レッスン終了後、二人の姉妹は、そっと、見たことのない楽譜を出しました。

『あっ!』

「Chanson de l’adieu」と見えました。「別れの曲」ではありませんか
それは、華やかな序奏から始まるジャズバーションで、別れなのに爽やかな調べに、アレンジされていましたshine.gif

そして、差し出されたワインのラベルには、私の名前が大きく刻印されているのを見たとき、涙が溢れて止まらなくなってしまいました。

生徒さん達の名前の下には、
We really enjoyed your lesson」とのメッセージが。

なんと、粋な計らいweep.gif

お母様から、「娘達には、先生のような人生を歩ませたいです。」とのお言葉を頂き、

嬉しいけれど、『えっ、どうして!?』二人のお嬢さんは、もっと立派な人生を歩むだろうに!と思って、聞き返した私…。

「先生のような、心豊かな人生を」と、深い笑顔で仰いました。

本当に有難うございますweep.gifheart02.gif

このお言葉は、忘れられないので、ブログにもしたためようと思います。

ずっと見送って、手を振りましたpaper.gif

輝いた日々を、ありがとう sign03.gif

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

二台のピアノ「スカラムーシュ」を生徒さんと弾く

フランス6人組のダリウス・ミヨーの「スカラムーシュ」といえば、よく大学の学園祭で弾いているユニットがありました。(懐かしい!confident.gif

今、この曲の3楽章、「ブラジレイラ」を、中学3年生の生徒さんとレッスンで弾いています!

譜面はこんな風で、サンバのリズムで爽快ですhappy02.gif

二台のピアノは、演奏会などの場合は、グランドピアノを、向かい合わせにセッティングしますflair.gif
連弾とはまた違って、二台ピアノも、ダイナミックで楽しいですね!

高学年の妹さんと、お姉さんとの「シング・シング・シング」連弾も、息がピッタリ。
妹さんは、バッハやソナチネは、一向にあまりのらないのに、ジャズ風になると、俄然、生き生きして来ますsmile.gif^^

姉妹連弾、圧巻で感動してしまいましたicon_cry.gif
好きなジャンルがあるって、いいことですねhappy01.gif

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ショパンの「子守歌」

ショパン晩年の作品、op57の「子守歌」。

オスティナート(繰り返される)の伴奏形に乗って、夢に漂う様な音響空間の中で、精緻に変奏される右手により、最初は「変奏曲」と名付けられていたといいます。

晩年に何故「子守歌」が作曲されたか。

人は、終焉に向かい永い眠りにつく時こそ、「子守歌」が必要という、ショパンの哲学によります。

ジョルジュ・サンドの親友のオペラ歌手が、生まれたばかりの子供をノアンの館に預けていたから、ごく近くで、赤ちゃんに接する機会はあった様です。

最高峰の傑作群の中に入る、極めて美しい小品です。

磐梯熱海11月11日の紅葉

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村