愛着は身近なところから〜指づかい

教室コラムを更新しました♪

愛着は身近なところから〜指づかい

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

本番に向かっているときこそ解ることもある。

HPのコラムを更新しました♪

本番に向かっているときこそ解ることもある。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

学校で伴奏者になるために

いまは、まだ小さい生徒さん達も、いずれこの日が来ます

学校で伴奏者に選ばれることこの、ちょっと栄誉な役割に選ばれるためには・・・

コラムを更新しました♪

学校で伴奏者になるために求められること

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

大人の方の練習のツボは

コラムを更新しました。初中級の大人の方は、ふりがなの印刷されている楽譜であっても、「気持ちを乗せる」ことができることが大事だと思います。

子どもさん達にはない、人生の経験値、追憶の多さ(!)、いろんな曲をご存知、などを武器に、音楽で癒されてください。

大人の楽譜は「カナ」「大きめ」が主流!?

教室で一番難易度の高い曲を弾いている大人の生徒さん(ショパンのエチュードop10-1や、10-2も聴かせてくださいました。)が、仰っていたのですが、「ショパンのこの和音の響きはなんて綺麗なんだろうと想いながらピアノを弾いていると、仕事の疲れも吹っ飛びます。」とのこと

私も、たとえ疲れた時も、夜に自分の曲を練習する喜びは格別です

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

練習記録ノートその後

年少さん

お家での練習状況を記録していただいてから、ひと月余り

練習の質・量と、習熟度は比例しているようです

記入の仕方は様々で、上の画像(年少さん)では、各曲を毎日5回弾けたらお母様がシールを毎日貼ってくださっています。

小さな身体から、芯のしっかりした強い音が出て、各音もレガートに繋げられるようになりました。

速く弾けるようになってきたため、つい速弾きしてしまいますが、「歌うように」弾けるようになるのが、今週の課題ですドレミファソのおんぷも確実に覚え、ご兄弟に教える程!

年長さん

こちら(年長さん)は、時間数を記入してくださっています

お風邪の時でも、練習を欠かさず、ワークも自力で最後までやってしまいました

毎回しっかり練習してきてくださるので、あとは「音色」だと思っていたところ、先日は音の出し方も美しく変化を遂げて、とても嬉しかったです
指そのものの強さも、大分強化されてきました

「わかる」とは、「変化」することで、生徒さんたちが一つ一つのハードルを乗り越えていくのを見届けるのは、何よりもやり甲斐を感じる瞬間です

つねに、今、なにが問題となっているのかを見極め、進歩に向かって引き上げられるよう、精進したいと思います。

熱心な保護者様たちのご協力に、感謝申し上げます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

音のイメージ〜きれいな音は一生の宝に〜

新しい生徒さんたち、何度かレッスンを重ねて、「あら、音がきれいになってきたかな!」と、嬉しくなる瞬間があります

例えば「声」。生まれ持った声はずっと変わらなくても、発声で、よく透る声を持つことはできますね。

ピアノで言えば、その人の持つ音色が、美しい音を持つことは、一生の宝となり得る、重要な要素です

音のイメージ〜きれいな音は一生の宝に〜

生徒さんの保護者様にお読みいただきたい記事です♪

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

遅すぎるということはない

フランスにお嫁に行った、元職場の後輩・友達に、お正月明けに会ったときに、向こうのレッスン事情を少しばかり聞きました

ピアノを8歳頃から習い始めるといいます。

日本よりは、少し遅いスタートのイメージです。

ソルフェージュ教育を重視するフランスでは、やはり最初は音感などから行うようですが、かといって、中央の音楽学校と、地方の音楽学校ではレヴェルの差がかなりあり、進度が進んでいるとも言えず、子どものコンクールも日本のように盛んではないとのことでした。

状態の良いピアノも、なかなか見つけるのが困難だと聞き、そうした意味では、日本は恵まれているかもしれないと思いましたが、なんというか文化的な「ゆとり」のようなものを感じました。

ヴァカンスの頻度が多く、レッスン回数もままならないようでしたが、やはり芸術の本場の話は興味深かったです。

4mの天井高のお部屋で弾くピアノは心地良いだろうな

竹野内豊さんのCMでお馴染み、2.72の天井の我が家では、まだまだ足りません(笑)

私の生徒さんでも、小2からピアノを始められた方、先日はもうすぐ小4になる方が入会されましたが、遅すぎるという感じもなく、基礎もいやがらず、楽しそうに弾いています。

簡単なことに立ち戻るのをいやがらない素直なご性格で、弾けたら次のページ、次のページへと、意欲がいっぱいです

このままたくさん吸収していってほしいです。

興味を持ったときが、始めどきなのかもしれませんね

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

音楽性の芽を育む、母の歌声

ピアノで、「歌う」ことができるようになるには、心の中にうたがあることが前提となってきます

小さな内から、お母さんがお家で楽しそうに口ずさむ声を聴くのが、お子さん達は大好きです

音楽性の芽をはぐぐむ、母の歌声

HPのコラムを更新しました↑↑白枠の中のタイトルクリックで、全文お読みいただけます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

鍛えられた指が、輝かしい音を作る!

基礎の大事さを見直される方が、増えていらっしゃいます

鍛えられた指が、輝かしい音を作る!

今回の記事は、9歳ころ以上の年齢の方対象かもしれませんが、ピアノを弾くなかで、大事なことのひとつなので、ぜひお読み頂けたら幸いです

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

拍子って何?

今日は、甲府最後のレッスン日です。

マーチングをやっている生徒さん、なかでもビシッと音楽と合っている動きが出来ていると、お母様が喜んでいらっしゃいました

ディズニーにも参加出来るようなマーチングだそうです。(未就学児さん)

レッスンで、拍子のリトミックをしばらく行ったのが効を奏したようです

〜♪〜♪〜

9月30日に遡って、立川のさかもとみゆき先生のピアノdeムーブセミナーのテーマは「拍子」でした。

「拍子とは、○○である。」といった固いことでなく、「動くと、自分の中から音楽があふれ、演奏が生き生きしてくる。」とのコンセプトのもと、実際動いて、たくさん音楽を感じました!

14484992_988258387953267_1184713469450165723_n

パラバルーンを上げ下げして、アナクルーシス(準備)とクルーシス(行動)を感じ、気持ちが良い〜♪

14440708_882179141919363_4740617921912515783_n
ボールやテニスボールで拍子を感じたり
14495308_882179151919362_1488582059313066801_n
壁ドンゲームをしたり、大きく盛り上がった後は、14495424_882178228586121_2169746889661084402_n
さかもと先生のご主人様のお店、高級「天ぷら岡本」で、季節の天ぷらを堪能しました〜♪
14523268_882178735252737_390933969672526532_n_2 img_5924  〆の「天茶漬け」😋
14479643_882178288586115_6264898865164973036_n_2img_5930
お教室に伺って、即興演奏のコツも教えて頂いたり♪
img_5942o0480036013761626787
たっぷり一日学びました!

前回の記事はこちら

「ピアノ de ムーブ」を受講して

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村