バルトーク・べーラ

1881.ハンガリー、トロンタール県 → 1945.アメリカ

バルトーク・べーラ

7歳の時に、父親(農業学校の校長)が亡くなり、母親は小学校の教師をして、バルトークと妹の生活を支える。

ハンガリーは、隣近の他国に3世紀もの間支配されていたため、独自の音楽が発展しなかった。音楽の教育も然り。有名なフランツ・リストも同国人だが、彼は、早い内に国を出てヨーロッパを又にかけて活躍したので、ハンガリーの音楽文化の向上には直接なにも関わらなかったと言ってよい。それより後に生まれたバルトークは、初め、ピアニストと作曲家として出発するが、強い愛国心のもと、他の国のまねでない、誇りに満ちた自国の音楽を残そうという気持ちから、民族音楽の研究をした。

農民と交流してハンガリーの民謡を数多く採集し、自らの音楽語法に取り入れた。
ハンガリーの山奥の村々のみでなく、アラビアやルーマニア、ロシアなどでも採集した。
そのための外国語を、すべて習得した。
古くから伝わる民謡の採集の為には、その村に住む老婆達に歌ってもらい、フォノグラーフに録音するという方法をとるが、都会から来た作曲家になかなか心を開いてはくれずに苦労した。

バルトークは、鋭い耳を持ち、知性、教養にあふれた人物であった。彼の音楽は、きれいとか、そういった類いのものでなく、音楽そのものの力があった。後にピアニストの妻との間に生まれた2人の息子の教育の為に、ミクロコスモス(全6巻)を作曲する。若い頃の曲に比べ、年を取るにつれ、大切な要素をシンプルに残し、他は切り捨てる手法をとった。

第二次世界大戦のさなかに亡命し、アメリカのコロンビア大学に研究員として招聘されるが、後に解雇され困窮のなかで晩年生活を送ることを余儀なくされ、白血病で亡くなる。前にも述べたが、彼はピアニストとしても一流の腕前を持っており、生涯にわたり何度も演奏会を開いている。そうした収入や作曲の収入が生活を助けたが、彼の最大のライフワークは、民族音楽である。