よくある質問

Q.レッスンの時は、保護者は中で待つことは出来ますか?

保護者さまが同席されない場合は、いちど車に戻って外出し、レッスン終了時刻にあわせてお迎えをしていただいております。
小さい弟さんや妹さんがおられる場合は、生徒さんご本人の集中力を保つために、同席されないことをおすすめしています。

Q.駐車場は、ありますか?

生徒さん用として2台分と、ちょっとした停車スペースが1ヶ所ございます。

Q.レッスンをお休みした場合、振り替えはありますか?

原則的に、生徒さんの都合によるご欠席は、振り替えはございません。
講師の都合があえば、振替日をお伝え出来る場合はあります。やむを得ない場合は、ご相談下さい。

但し、インフルエンザ、学級閉鎖のときは、他の生徒さんにうつしてしまう可能性を避けるため、お休みされますようお願い申し上げます。
講師都合によるレッスンのお休みに関しては、代わりのレッスン日を設けます。

Q.何歳からピアノを始められますか?

個人差もありますので一概には言えませんが、私としては、4歳児さん以降がベストではないかと感じています。
もちろん、3歳児さんでも、もうすぐお誕生日を迎えられる場合は大丈夫です。
ピアノの椅子にずっと座っている集中力はまだありませんので、リトミックやお歌などを通して音楽に馴染んでいきます。
ひらがな、数字が少しずつ読めていた方が良いでしょう。

Q.家には巣立った子どものピアノがあり、始めようと思いますが、60歳を越えても上達しますか?

大丈夫です!
右手と左手を、5指別々に動かすピアノは脳を活性化させ、認知症予防にも効果が高いとされています。
子どもの頃からピアノを弾いてきた指のように筋肉が柔軟にはなりづらいこともありますが、
音楽を味わう心は、大人になってからの方が増しているはずです!
楽譜が読めなくても弾ける楽譜をご用意しています。
ストレスに感じることなく、ピアノを楽しむができるサポートを致します。

Q.ピアノを練習する以外に、ピアノが上達する方法はないですか?

お家で音楽を聴く(オーディオなどで)、コンサートで生の音楽に触れることが、耳を育て、情動に大きく働きかけます。
クラシックを弾かれるならば、やはりクラシックを聴きたいですね。
ピアノに限らず、他の楽器や、オーケストラ、オペラでも、流すだけでも違いますよ!

Q.お月謝の納入は、いつですか?

A.その月の第一週にお納め頂きます。前月の最終週に月謝袋をお渡ししています。

Q.ふだん、お月謝以外にかかる費用はありますか?

設備管理費や光熱費などは、一切戴きません。
教材費(ピアノやソルフェージュの楽譜、ワークなど)に関しては、その都度、実費でお支払いいただきます。
「自分の楽譜を持つ」ことは大事ですので、進度に応じて新しい楽譜を購入することは、ご理解をお願いいたします。

Q.ピアノを持っていないのですが。

ピアノのレッスンは、お家での練習がとても大事です。
レッスンが始まって、講師に楽器選びのアドバイスを受けながら購入されても宜しいと思います。
住宅環境により、ピアノの音が気になる場合は、電子ピアノ(キーボードでは、鍵盤数が足りない場合もあり、楽器に足がついていることも重要です。)をご購入ということになりますが、生のピアノとは、音の出る仕組みが違いますので、よくご検討下さい。

Q.発表会は、ありますか?

発表会は、1年半おきに一度くらいを目安に行っております。
発表会を大きなクリスマスパーティーとする年は、それを発表の場と致します。
リニューアルオープンの年、発表会を2年後までに開けるようお仲間を増やせるようにがんばっていこうと思います。

Q.発表会は、全員参加ですか?

教室の発表会は、色々なレベルや年齢の方の曲が聴けて、教室内での親睦を深める良い機会です。刺激を受けて「次回はこれを弾きたい」と意欲も湧いてきます。
ある程度の人数が集まることが発表会を開くために必要ですので、全員参加でお願いしております。

Q.発表会の費用は、どのくらいですか?

概ね1万円くらいです。
その年のテーマとして、外部からゲストをお招きすることもありますので、その内容によります。

Q.外部のコンクールに、興味があるのですが?

コンクール参加は、希望者のみ対応致します。
一定期間、曲を絞って完成度を高める機会、他の教室の方々と揉まれる刺激として、向上心を持って取り組まれるのには応援いたします。
しかし、例えば楽譜があまり読めないのに、無理に難しい課題曲を背伸びして受けるのは、あまり賛成いたしません。

Q.リトミックとは、何ですか?

スイスの作曲家・音楽教育家のエミール・ジャック・ダルクローズ(1865~1950)によって考案された音楽教育法です。

Q.リトミックは、どんなことをするのですか?

からだを動かす経験をとおして、音楽を感じとっていく活動です。
遊びながら五感に働きかけ音楽を体験します。

Q.ソルフェージュとは、何ですか?ピアノを弾くために必要なものですか。

音楽の基礎となるものです。子どもさんには、レッスン時間に数分取り入れています。

  • 視唱(ししょう)…音の高低をきちんと取って歌えるようにする。
  • リズム打ち
  • 聴音(ちょうおん)…聴こえてきた音を、5線ノートに書き取る。
%e8%81%b4%e9%9f%b3

この内、視唱とリズム打ちは、宿題にして翌週確認します。難しいものではありません。
このような楽譜をつかいます。

solfege2