イベント・オフシーズンのこの時期こそ進度アップを!

春先から夏にかけて、コンクールのシーズンの到来です。

教室内でも、コンクール参加を目標にしている生徒さんたちも多いです。

でも、ちょっと待って‼︎ 無理な譜読みより、王道の基礎力をつけましょう‼︎

スケールとセオリー

オフシーズンのこの時期こそ、ステージアップにむけて、スケール(音階)楽典(音楽のセオリー)を、みんなで取り組むことにしました

テキスト箱買いしました♪

1月のはじめに、グループレッスンを行い、こたつでワイワイしながら、幼児の生徒さんも、はじめての「楽典」を楽しそうにワークしました🎵

お兄さん、お姉さんたちも、聴音(音を聴いて書き取る)をしたり、シャープ、フラットの付く順に戸惑いながら、いつもと違う学習が新鮮だったようです。

その時、使用したワークがとてもよかったので、今はそれぞれ、毎週の宿題にしています。「このワーク、大好きとの声、続出です。

投入してよかった!

「指のくぐし」が、ふんだんに出てくるスケールを弾くことによって、指がしっかりし回るようになってきています。

まだ始めたばかりですが、がんばってスケールグレードのメダルをもらってね

進度競争‼︎

私たちが子どもの時、楽譜を買うと、進度の帯がついていました。

ツェルニーの練習曲の進度を密かに競争したり

今は、あまりそれは見られないですが、今、教室内では、私が「2月のおわりまでに、この本、終わろうね」「春までに、ここまで進もうね」と言っているため、みんな普段の練習の曲を、ずいぶんがんばって持ってきます

最近は、合格の丸をあげるハードルも少し高く設定しています

1ヶ月後、2ヶ月後のみんながどんな風になっているかを楽しみにしています。